「ハーヴェイ・ミルク」11月26日からメモリアル上映! オスカーに輝いた傑作ドキュメンタリー(映画.com)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:映画.com

第57回アカデミー賞の長編ドキュメンタリー賞を受賞した「ハーヴェイ・ミルク」が、11月26日からアップリンク吉祥寺でメモリアル上映されることが決定した。

【動画】「ハーヴェイ・ミルク」予告編

 ゲイを公言し、全米初の公職(サンフランシスコ市政執行委員)に選ばれたミルク氏。彼は議員就任1年も経たない1978年11月27日、同僚議員ダン・ホワイトにより、ジョージ・マスコーニ市長とともに同市庁舎内で射殺された。99年には「タイム誌」が選ぶ“20 世紀の英雄・象徴的人物100人”に選出。08年5月には、カリフォルニア州議会下院がミルク氏の誕生日である5月22日を公的に「ハーヴィー・ミルク・デイ」と規定する法案が可決され、09年には、大統領自由勲章が授与された。なお、ガス・バン・サント監督によって、ミルク氏を題材とした伝記ドラマ「ミルク」も製作されている。

 「ハーヴェイ・ミルク」は、社会的弱者の権利獲得を訴えたミルク氏の活動と、暗殺事件の裁判を記録したドキュメンタリー映画。監督は、ロバート・エプスタイン(「ラヴレース」)が担当。「緊張感・情熱・憤りをもって語られてゆく、心温まる上質のドキュメンタリーである」(ニューヨークタイムズ)、「挑戦的で魅惑に満ちた素晴らしい映画である。スタッフの根気強さと見識が同性愛・異性愛の枠を取り合払い、この感動的な映画をすべての人に意味あるものにしている」(ロサンゼルス・タイムズ) と各紙が絶賛している。

 「ハーヴェイ・ミルク」は11月26日~12月2日、アップリンク吉祥寺で上映。なお、11月27日には東京国際映画祭シニア・プログラマー、日本映画大学教授の石坂健治氏によるトークショーも行われる。

コメントは受け付けていません。