山田うんが振付で初参加、Noism0&Noism1のダブルビル公演「境界」(ステージナタリー)

【広告】生おせち料理 村上シェフ手作り重入3段重

◆─────────────────────────────◆  より良いおせちへ変貌してきました!

 大人向け、お酒に合う、お肉好きの生おせち

 今までにない、1段重はシェフの手作りが殆ど入るおせち♪

 「ロブスター サーロインローストビーフ」が入った豪華おせち  がなんと、15,980円、通常の3段重でしかも生冷蔵おせちときたら  本当にお買い得なおせちです。

  村上シェフオリジナル手作り入り 冷蔵生おせち料理3段重

 ★★某モールサイトで評価 4.3 を獲得★★

 ★★★★複数セット購入で最大1500円のクーポン付★★★★

◆─────────────────────────────◆

伝統的な日本料理を幅広い世代に食べやすくする為に、素材からこだわりオーナーシェフ「村上 元彦」完全オリジナル品を入れた和洋折衷のおせち料理です。

幅広いお客様に喜んで頂けるよう和洋折衷にし、完全オリジナル品を6品盛り込み、心を込めて手作りでお造り致します。

このおせちの「オリジナル」を確認してください、1段重の8割が村上シェフ自らの手作りです。他のおせちで監修おせちは沢山ありますが、 本当のこだわりをお届けできます。既製品とは間違えなく違う満足度がある逸品となります。

新鮮な生詰め冷蔵便でお届け致します。手作りの為、限定数量限りとなります。

 毎年撮影をし直して、手間とコストをかけてお客様の為に  丹精こめて作り上げます。

 お客様から不評を頂いたり、正直な感想を  頂く場合、翌年にはなるべくメニューを見直し入れ替え  ます。さらに、常に味の改善を行い、クオリティを高める  べく、国産材料や厳選素材を増やし、さらには1段以外の  オリジナル手作り品の手作りも投入すしています、こちらは  シェフではございませんが専門の職人の手作りです。   1品目 豊卵ふくさ焼   2品目 牛肉牛蒡巻き  本当に喜ばれるおせちづくりをしております!

 天然白木重箱ですが

 エコを重んじた重箱にしています。この白木ただの白木では  ございません、植樹から4年前後で成木となり、  無駄な森林伐採などの環境破壊を軽減するファルカタ材を  使っています。さらに天然木だからこそ土にかえる木材の  材料なので、これも安心して利用頂ける重箱となります。

■商品内容(全36品目)

【壱の重】 蟹とクリームのパイ包み ロブスター黄金焼き …  ★★シェフ手作り 鴨のパテ オレンジ風味 … ★★シェフ手作り サーロインローストビーブ … ★★シェフ手作り サワークラフト(紫キャベツ) … ★★シェフ手作り 豚肉のフロマージュテート(ゼリー寄せ) … ★★シェフ手作り 豚肩ロースチャーシュー … ★★シェフ手作り パプリカマリネ … ★★シェフ手作り

【弐の重】 鱈子旨煮、海老芝煮、豊卵ふくさ焼、牛肉牛蒡巻き、田作り、数の子風味漬け、いくら醤油漬け、若鶏明太ロール、若桃シロップ煮、 伊達巻、海老手まり寿司、手まり餅、あしらいそら豆、瀬戸のたこ姫

【参の重】 栗きんとん、焼き筍うま煮、椎茸旨煮、人参旨煮、きぬさや、蛸のバジルソース、ぶどう豆、ローズサーモン、伊予柑紅白生酢、 さより京風巻き、にしん昆布巻き、若桃シロップ煮、鰤照り焼き、杉板包み ※サーロインローストビーフは、加熱・衛生上の為、監修となります。 重箱寸法/約203×203×180mm 3段 天然白木重箱

村上シェフオリジナル手作り入り 冷蔵生おせち料理3段重

出典元:ステージナタリー

Noism0 / Noism1「境界」が12月から来年1月にかけて、新潟・東京・高知で上演される。

【画像】Noism0 / Noism1「境界」チラシ裏(他1件)

これはNoism0とNoism1によるダブルビル公演。「Endless Opening」を振り付けるのは、Co.うんの山田うん。本作は山田にとって、外部の舞踊団に振り付ける初めての作品となる。上演に向けて山田は「2021年は『鎮魂』をテーマに作品を手掛けています。2019年に設定したシーズンテーマです。5月に『あの世とこの世の橋』をテーマに僧侶の方々との共作『Bridge』、7月に『死んだらみんなどこ行くの?』をテーマにした 子ども向けの『オバケッタ』を発表しました。今回の『Endless Opening』もその流れの中に位置しています」と語っている。

金森穣が演出振付を担当する「Near Far Here」は、距離 / 接触、此岸 / 彼岸、生 / 死、過去 / 未来、光 / 影などをキーワードにした作品だ。金森は「今私に言えるのは、現時点で語れるもの(想定可能なもの)など、創りたくない、ただそれだけである」とコメントしている。

公演は12月17日から19日まで、新潟・りゅーとぴあ 新潟市民芸術文化会館 劇場、24日から26日まで東京・東京芸術劇場 プレイハウス、来年1月10日に高知・高知市文化プラザかるぽーと 大ホールにて上演される。チケットは10月23日に一般発売スタート。

■ 山田うんコメント
私がCo.山田うん以外の舞踊団に振付をするのは初めてです。

俳優、歌手、体操選手、または老若男女の一般市民や障がい者やダンスを学ぶ学生など、いろいろな人々 とダンスを作ったり振り付けたりする機会はありましたが、同じメソッドで鍛え上げられた舞踊家たち、いつも圧倒的 なNoismに出会う、ということは、私にとって大きな事件です。数えきれない刺激を受け、これまで出会わなかったエネルギーが生まれるでしょう。

2021年は「鎮魂」をテーマに作品を手掛けています。2019年に設定したシーズンテーマです。5月に「あの世とこの世の橋」をテーマに僧侶の方々との共作「Bridge」、7月に「死んだらみんなどこ行くの?」をテーマにした 子ども向けの「オバケッタ」を発表しました。今回の「Endless Opening」もその流れの中に位置しています。

生きていくということは毎日少しずつ死んでいくこと。夢や希望は宙吊りのまま、現実の扉はどんどん勝手に開いていくもの。私たちが今、力強くわかっていることは「わからない」ということ。何かが終わる前に聞こえてくる始まりの音。音のような風。私が気付かないうちに、私が消えていくこと。野辺に仰向けになりながら、生まれ、分断され、消えていく雲を眺めているときのような。

■ 金森穣コメント
□ 今此処とは何処のことか
新作のタイトルは「Near Far Here」。私なりに訳すれば「近くて、遠い、此処」ということになる。果たして此処とは何処か。それが定まらない限り、何が近くて、何が遠いのかを理解することはできない。けれど今私たちが生きているこの情報社会が(その社会を生きる私たちが)、地球の裏側の出来事を“近い事”として理解し、目の前で繰り広げられる出来事(そこに生きる人々)のことを“遠い事”、すなわち自らに関係のない物事と捉えていることに、疑問を持つ人はいないだろう。

そこに輪をかけてコロナである。「今此処」を他者と共有することは避けられ、日々感染者数に翻弄され、目に見えないウイルスに怯える日々。そうかと思うと「コロナ慣れ」。危機感を抱き続けることにも、数字に一喜一憂することにも慣れてしまう。 慣れとは生物にとって、環境適応サインであると同時に、戦い続けることへの疲弊のサインでもある。

心の疲弊によってもたらされる、何を言っても、何をしても無駄だという虚無感は、目の前の出来事にも、遠くの世界の出 来事にも、今此処であるところの自分自身についてさえも、想像する力(問う力)を奪ってしまう。そうして「私とは誰か」を問うことを止めた人々は、他者の人生に介入(それも匿名で)することによって、なんとか世界との繋がりを保持しようとする。

□ 私とは誰のことか
「今此処」であることと切り離せない実演芸術に携わる者として、この事態をどう理解すればいいだろうか。そんなことを悶々と考えながら、バロック音楽を聴いていて感動した。そしてふと、隠れキリシタンに想いを馳せた。彼の国では音楽が信仰と切り離せなかった時代。此処日本では江戸時代=キリシタン弾圧の時代である。遠い国の信仰に魂を揺さぶられ、生まれた(近い)国の人々に弾圧された人々。その人たちの信じたもの、その志に興味を抱いた。そして今、遠い国の、遠い時代の音楽や人々に感動し、今此処にいる私とは、一体誰なのだろうかということにも。

□ 現時点で語れるものは創りたくない
プレスリリースに必要だからと、広報から演出ノートを頼まれて書いたのが、上記の文章である。このような混沌とした自らの状態、創作に際するインスピレーションを、何とか言語化(整理)してみた。あるいは上記の問いとは別の問いが、明日にも生まれるかもしれない。今私に言えるのは、現時点で語れるもの(想定可能なもの)など、創りたくない、ただそれだけである。

■ Noism0 / Noism1「境界」
2021年12月17日(金)~19日(日)
新潟県 りゅーとぴあ 新潟市民芸術文化会館 劇場

2021年12月24日(金)~26日(日)
東京都 東京芸術劇場 プレイハウス

2022年1月10日(月・祝)
高知県 高知市文化プラザかるぽーと 大ホール

□ 演目
「Endless Opening」
演出振付:山田うん
出演:Noism1

「Near Far Here」
演出振付:金森穣
出演:Noism0

【広告】 更年期?

《経典薬方》金匱腎気丸

<

・足のむくみを取りたい方に
・足腰が弱ってきたと感じる方に

腰や膝の痛みや衰え、足のむくみなどの改善に

コメントは受け付けていません。