アンディ・ラウ&リッチー・レン、16年ぶりに共演 「花椒の味」3人の魅力的な男性キャラ(映画.com)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:映画.com

父親の死によって互いの存在を初めて知った3姉妹の交流と成長を描いた香港発の人間ドラマ「花椒(ホアジャオ)の味」。香港のトップスター、サミー・チェンが演じる長女ユーシューを取り巻く役どころで、3人の魅力的な男性キャラクターが登場する。

【フォトギャラリー】「花椒(ホアジャオ)の味」出演するリッチー・レンら

 別々の土地で育った3姉妹は、父親の死でお互いの存在を初めて知り、出会う。父の火鍋店を継ぎ、秘伝のスープを再現する過程を通して、彼女たちは家族の温かさを知り、自分自身と向き合うことになる。

 「インファナル・アフェア」シリーズなど女優としても活躍する歌手チェンが演じたのは、真面目で地味であるが家族思いの長女ユーシュー。ビリヤードのプロ選手で、クールな次女ルージーは、台湾の女優メーガン・ライ、おしゃれで喜怒哀楽が愛らしい三女ルーグオをリー・シャオフォンが演じている。

 ユーシューが心を開く麻酔医チョイ・ホーサン役で「星願 あなたにもういちど」「若葉のころ」などのリッチー・レン、元婚約者クォック・ティンヤン役で「インファナル・アフェア」のアンディ・ラウ、三姉妹の父親ハー・リョン役で歌手・俳優のケニー・ビーが出演。

 本作で16年ぶりの共演となり、付き合いの長いレンとラウは、それぞれ共演作が多かったチェンとも息がぴったり。姉妹の父リョンは、失ったものがあるからこそどんな落ちこぼれでも許す優しさがあり、それぞれ人間味のある魅力的なキャラクターになっている。

 「花椒(ホアジャオ)の味」は11月5日から東京・新宿武蔵野館ほか全国順次公開。

(C)2019 Dadi Century (Tianjin) Co., Ltd. Beijing Lajin Film Co., Ltd. Emperor Film Production Company Limited Shanghai Yeah! Media Co., Ltd. All Rights Reserved.

【広告】

あなたの切手、

あなたが満足する価格で買い取ります。

不要な切手の買い取りなら

                                  買取プレミアム

がおすすめ



コメントは受け付けていません。