『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』に登場するスパイダーマンのブラック&ゴールドのフィギュアが発売決定(IGN JAPAN)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:IGN JAPAN

『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』ではピーター・パーカーの増え続ける衣装に加え、新たに複数のコスチュームが導入されているようだ。「ノー・ウェイ・ホーム」の第1予告編でピーターの新しいブラック&ゴールドのコスチュームを垣間見ることができるが、ホットトイズがスーツの詳細をファンに見せてくれている。
2021年上旬にホットトイズは同フィギュアについてほのめかしていたが、それ以降は赤いコスチュームの要素を外した点を含め、映画で見られるデザインにさらに近づけるよう調整されている。スパイダーマンの新コスチュームを下のギャラリーでチェックしてみよう。

「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」画像・動画ギャラリー

興味深いことに新しいコスチュームは、2007年の『スパイダーマン3』でトビー・マグワイア演じるピーター・パーカーが着用した、シンビオートに寄生されたスパイダーマンのコスチュームを彷彿とさせる。このフィギュアには、マスクを着けていないトム・ホランドの頭部が含まれているが、近年におけるマーベルの徹底した秘密主義を考えると、映画でこのコスチュームを身に着けているのがホランドではないという考えを完全に排除することはできないだろう。マグワイアとアンドリュー・ガーフィールドの両方が、「ノー・ウェイ・ホーム」にスパイダーマン役で続投するとの噂が強力だからだ。
ギャラリーの画像は、スパイダーマンが大幅にアップグレードされる可能性も示唆している。腕のアーマーはドクター・ストレンジが着用しているデザインに類似しており、フィギュアには、いくつかエネルギー関連の神秘的なアクセサリーも含まれている。 今回、ピーターは魔法を備えたハイテクなコスチュームで、パワーを補強することを余儀なくされるのだろうか? マーベルのアニメシリーズ『ホワット・イフ…?』のおかげで、この点については前例がある(偶然にも、ゾンビ・ハンターのスパイダーマンもホットトイズのラインナップに登場している)。

『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』は、2021年12月17日に全米公開スタート。すでにファンは、トム・ハーディが「ノー・ウェイ・ホーム」の帽子を被った画像が削除されていたことを受け、同作にハーディが登場することを予測している。

コメントは受け付けていません。