【おかえりモネ】第95回見どころ 優しいホルンの音色が、百音の背中を後押し(オリコン)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:オリコン

女優の清原果耶がヒロインを務める、NHK連続テレビ小説『おかえりモネ』(月~土 前8:00 総合/前 7:30 BS4K・BSプレミアム※土曜日は1週間の振り返り)。24日放送の第95回あらすじを紹介する。

【場面写真】笑顔で見つめ合う百音&菅波先生

 第19週(20日~24日)のタイトルは「島へ」。宮田(石井正則)は、菅波(坂口健太郎)に頼まれホルンの演奏を披露。優しいホルンの音色は、百音(清原)の背中を押してくれる。

 数日後、高村(高岡早紀)に、Jテレの仕事について、百音はある決意を話す。そして、会社の新規事業審査会で、地域密着型の気象予報士を活用する企画を発表、自分の思いのたけを皆に話し、それを聞いた安西(井上順)は…。

 本作は、現代劇で、宮城・気仙沼で生まれ育ったヒロイン・永浦百音が、天気の魅力、可能性に目覚めて気象予報士の資格を取り、上京。さまざまなことが天気にかかわっているということを経験し、故郷や家族、仲間のために何ができるかを考えながら成長していく物語。

コメントは受け付けていません。