タランティーノが絶賛 「スウィート・シング」予告編&新場面カット公開(映画.com)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:映画.com

2020年の第70回ベルリン国際映画祭ジェネレーション部門で最優秀作品賞に輝いた「スウィート・シング」の予告編と、「スタンド・バイ・ミー」へのオマージュのような線路上を歩く子どもたちを収めた新場面カットが公開された。

【動画】「スウィート・シング」の予告編

 本作は、ジム・ジャームッシュと並ぶ米インディーズ映画のアイコンとして知られるアレクサンダー・ロックウェル監督の新作で、現代に生きる子どもたちの冒険を描いた、悲しくも幸福なファンタジーだ。舞台は米マサチューセッツ・ニューベッドフォード。普段は優しいが酒のトラブルが尽きない父アダムと暮らす15歳の少女ビリーと11歳の弟ニコは、ある日、父アダムが入院措置となったことで、家を出た母親イヴのもとへ行くことになる。

 ロックウェル監督の実の子どもたちが主役を演じており、姉ビリー役に娘のラナ、弟ニコ役に息子のニコが扮した。母親イヴ役も実際のパートナーであるカリン・パーソンズ、父親アダム役を「イン・ザ・スープ」からの盟友で、近年は「ミナリ」への出演など活躍中のウィル・パットンが演じている。

 このほど公開された予告編では、酒に溺れる父アダムと、子どもたちを気にも留めない母イヴとの暮らしのなかで、ビリーとニコが少年マリクと出会う様子が描かれる。逃走の旅を始める3人の子どもたちの姿はいきいきとした表情を見せ、その笑顔は輝きを放っている。また、鬼才クエンティン・タランティーノが、「この数年に見た新作で、もっともパワフルな作品のひとつだ」と絶賛するコメントを寄せている。

 ロックウェル監督の日本での最後の劇場公開作は、1995年の「フォー・ルームス」。その後もスティーブ・ブシェミ、ジェニファー・ビールス共演の「13 rooms」(2002)や、日本では配信のみの「ピート・スモールズは死んだ!」(2010)など人気作はあったものの劇場公開されず、ロックウェル自身がニューヨーク大学で教鞭をとっているため寡作となっていた。

 「スウィート・シング」は、10月29日から東京・ヒューマントラストシネマ渋谷、新宿シネマカリテ、アップリンク吉祥寺ほか全国で順次公開。

【広告】

 ZAFUL

  注目のレディース・ファストファッション通販





ZAFULは欧米を中心に

レディースファストファッションを

提供しているサイトです。

コメントは受け付けていません。