「レミニセンス」レベッカ・ファーガソン、役柄を“分解”して理解 ラブシーン秘話も(映画.com)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:映画.com

「ダークナイト」「インターステラー」の脚本を担当したジョナサン・ノーランが製作を務める「レミニセンス」(公開中)。重要なキャラクター、メイを演じたレベッカ・ファーガソンがオンライン取材に応じ、撮影の模様などを語った。

【動画】レベッカ・ファーガソンのインタビュー動画

 本作の舞台は、都市が海に沈み、水に支配された世界。人の記憶に潜入して事件を解決する「記憶潜入(レミニセンス)エージェント」のニックが、ある事件の鍵を握る失踪した女性メイを探すため、多くの人々の記憶に潜入していき、やがて予測もしなかった陰謀に巻き込まれていくさまを描く。人気ドラマ「ウエストワールド」の脚本・製作総指揮監督で、ノーランの妻であるリサ・ジョイ監督がメガホンをとった。

 ファーガソンは、謎の多いミステリアスなメイというキャラクターを演じるにあたり、ジョイ監督と細かく話し合ったそう。「外科医になったみたいに、メイのあらゆる部分を分解しました。ストーリーを理解するためには、彼女を完全に理解する必要があったから」と明かし、「(脚本の)順番には撮影しなかったので、私にとって自分のキャラクターの起承転結を理解するのはとても重要でした。そして、自分の頭の中にあるその順番に沿って撮影したの(笑)」と振り返る。

 ニックを演じたヒュー・ジャックマンとは、「グレイテスト・ショーマン」以来の再共演となった。劇中にはラブシーンもあるが、ジャックマンは「今、私の最も親しい友人の一人」だと関係性を説明し、和やかな撮影の舞台裏を語る。

 「私たちがとても良い友達なのと、監督のリサ・ジョイが(ラブシーンでは)とてもぎこちなくてシャイなので、私たちは彼女をからかっていました。時々、リサは『止めなさい。撮影しないといけないの。真面目にやって!』と言わないといけなかった(笑)。私たちは『イエス。イエスよ。とても真面目にね』となるの(笑)」

 インタビューではそのほか、自身が出演作を選ぶ基準や、本作に惹かれた理由なども話し、その模様は動画で公開している。

【広告】

 ZAFUL

  注目のレディース・ファストファッション通販





ZAFULは欧米を中心に

レディースファストファッションを

提供しているサイトです。

コメントは受け付けていません。