『虹とオオカミ』しょうた、涙を流す 「もう、俺に対する優しさはなくていいよ」【ネタバレあり】(クランクイン!)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:クランクイン!

ABEMAの人気恋愛番組『オオカミ』シリーズの最新作『虹とオオカミには騙されない』の第8話が、9月19日(日)に配信された。「涙を流さなければ、恋は掴めない」という言葉のとおり、メンバー三人が涙を流す展開に。のあ発案の太陽LINEデートの行方や、Takiの恋の矢印。盛りだくさんの第8話をじっくりと解説していきたい。(文=菜本かな) ※本記事はネタバレを含みます。ご注意ください

【写真】しょうたの涙の理由 Takiに本音を告げられたシーン

■のあ&かいとにまさかの危機が訪れる

 なぜか、のあがしょうたを誘った太陽LINEデート。そこにかいとも参戦するが、のあとの距離が思うように距離が縮まらない。「安定カップル」と言われていたのあ&かいとに、一体何があったのか。

 のあは、「かいと君といる時の自分を好きになれない」と言う。いつも緊張してしまい、自分らしくいることができないそうだ。客観的に見ると、好きな気持ちがあるからこその現象のように思えるが、「好きな人といる時の自分を好きじゃないのは良くない」と言うのあの考えも一理ある。そこで、話しやすくて自分らしくいられるしょうたを誘ったというわけだ。

 だが、しょうたの心はTakiから動かない。「俺の気持ちは、Takiちゃんから変わることはないかな」とキッパリ宣言。「かいと君とのあは、それを超えてお互いのことを知れる」と二人の恋を後押ししたのだった。

 自分らしくいられる恋か、ドキドキする恋か。悩んだ経験がある人も多いのではないだろうか? かいとのことが好きな気持ちはありながらも、「友達から始まる恋が、自分には合ってる」と明かすのあ。けれど、第一印象で結ばれた二人は、初めから“恋人”としてお互いのことを見てしまっていた。今さら、その出会いをやり直せるわけではない。

 「どうしても、のあは俺に気を遣っちゃう。単純にショックだった。のあが思い描いていた恋人像とはちがうわけだから…」と涙を流すかいとの姿からは、のあに対する本気度がうかがえた。これまで何かとオオカミ候補に挙げられがちだったが、彼はオオカミじゃない…! と思ったのも束の間。かいとは、第8話ラストで月LINEを発動させたのだ。メンバーの間では、モモカを誘うのではないか? との声が挙がる。“かいとオオカミ説”を払拭するためには、のあを誘ってほしい気もするが、果たして。その答えは、次回の配信で明らかになる。

【広告】

                              SUGAR BISKET

大人可愛いアパレル&シューズを

お手頃プライスで豊富に取り揃えました!

お気に入りのアイテムがきっと見つかる♪

 

コメントは受け付けていません。