木村拓哉、ファンに感謝 主演作「マスカレード・ナイト」前作超えの好スタート(映画.com)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:映画.com

東野圭吾の推理小説「マスカレード」シリーズを実写映画化した「マスカレード・ナイト」が9月17日、全国356館で封切り。東京・TOHOシネマズ六本木で初日舞台挨拶が行われ、主演の木村拓哉、共演する長澤まさみ、小日向文世、渡部篤郎、鈴木雅之監督が出席した。

【写真】舞台挨拶で感無量の面持ちの木村拓哉

 2019年に映画化され、興行収入46億4000万円の大ヒットを記録した「マスカレード・ホテル」に続く実写2作目。木村が警視庁捜査一課のエリート潜入捜査官・新田浩介、長澤が「ホテル・コルテシア東京」の優秀なコンシェルジュ・山岸尚美を演じる。前作に引き続き「ホテル・コルテシア東京」を舞台に、新田と山岸の“水と油”バディが、仮装した500人が集結したカウントダウンパーティに紛れ込んだ未解決殺人事件の犯人逮捕に奔走する。

 コロナ禍での撮影を経て、現在も終息の見込みが立たない中での封切りに、木村は「公開できるのかどうかも含め、考えなければいけない状況でしたが、こうして胸を張って皆さまにお届けできてうれしい」と感無量の面持ち。ファンを目の前に「受け取ってくださる方々がいる喜びが一番大きい」と感謝を示し、「そうでなければ、僕らは作品づくりはできない。そういう気持ちを大きく感じます」と初日を迎えて、背筋を伸ばした。

 前作に続き、木村と再共演した長澤は「ご一緒していて、信頼がありますから。それをもっと深めていきたい」とバディ継続に意欲。舞台挨拶では原作者の東野氏から届いた「(木村の演技は)執筆していた時以上にすてき」「次回作の参考にします」というコメントも届き、登壇者たちが安どの表情を浮かべる場面もあった。

 東宝によると「マスカレード・ホテル」対比107%、興収50億円も視野に入るスタートダッシュを切っており、木村は「この映画は完成しましたが、東野先生の『マスカレード』シリーズは終わっていないという事実もある。前を向いていけば、このメンバーでまた舞台挨拶できる日が来るんじゃないか思う」とさらなる飛躍に期待を寄せていた。

【広告】

     キレイになれて謝礼金までもらえる、

ありえないおトク情報ここにあり!



株式会社アイグロー

コメントは受け付けていません。