俺たちより最悪――『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』日本版ポスター&劇場版予告解禁(クランクイン!)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

出典元:クランクイン!

12月3日より公開される俳優トム・ハーディ主演の映画『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』より、日本版ポスターと劇場版予告が解禁された。

【動画】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』劇場版予告

 スパイダーマンの宿敵であり、マーベル史上最も残虐なダークヒーローとして誕生、2018年に劇場公開され全世界興行収入941億円を超える大ヒットを記録した『ヴェノム』。本作はその続編となる。

 キャストは主人公ヴェノム/エディ役のトム・ハーディ、エディの元婚約者アン役をミシェル・ウィリアムズが続投。さらに、新キャラクターのシリアルキラー、カーネイジ/クレタス役を3度のアカデミー賞ノミネートを誇る名優ウディ・ハレルソン、女性ヴィランのシュリーク役を『007』シリーズのナオミ・ハリスが演じる。監督はアンディ・サーキス。

 “俺たち”としての共同生活は板につきつつも、「悪人以外を食べない」という条件でエディ(トム)の体に寄生した地球外生命体(シンビオート)のヴェノムは、食欲の制限を強いられストレスの毎日を過ごしていた。そんな中、未解決事件の真相を追うジャーナリストのエディは刑務所で、ある死刑囚と再会する。その男の名はクレタス・キャサディ。これまで幾度となく猟奇殺人を繰り返し収監されたシリアルキラーで、彼には死刑執行が迫っていた。

 「私の秘密を教えようか」と不気味にほほ笑み、エディに対し異様な興味を示すクレタス。突如その時、クレタスはエディの腕にかみつき、エディの血液が人間とは異なることに気づく。死刑執行の時、ついにクレタスはカーネイジへと覚醒。世界を闇へと変えていく。

 日本版ポスターは、ヴェノムとカーネイジが凄まじい気迫で対峙し、カーネイジの鋭利な触手がヴェノムに迫る様子を描いたもの。横には「俺たちより最悪」というコピーが添えられ、カーネイジが「《最》も残虐な《悪》=《最悪》」のはずだったヴェノムを凌駕する存在であることを示唆するデザインとなっている。

 劇場版予告は、クレタスが刑務所でエディに「教えようか。私の輝かしい人生を。シリアルキラーはいい記事になる。代わりに君が持ってる物を私にくれないか」と語りかけ、突如エディの腕にかみつく場面から始まる。続いて、クレタスがカーネイジへと覚醒し「この世界に与えてやる―大殺戮(カーネイジ)を」という言葉と共に暴虐の限りを尽くす様子や、エディに「恐れることはない。我々はファミリーだ」と呼びかける意味深な言葉などを収めている。

 映画『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』は12月3日より全国公開。

コメントは受け付けていません。