削除されてしまったトム・ハーディの写真から、ヴェノムがMCUに参加するのではと噂に(IGN JAPAN)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:IGN JAPAN

トム・ハーディが『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』のキャップを被っている写真が発見され、近いうちにヴェノムがMCUに参加するのではないかという憶測を呼んでいる。
Twitterユーザーの@MarvlUpdatesが、『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』のロゴ入りキャップを被ったハーディの写真を投稿した。ツイートではブラジルの「スパイダーマン」のアカウントがクレジットされているが、元々は監督兼スタントコーディネーターのリン・オーディングがInstagramに投稿していたものだという。現在、彼はこの写真をInstagramから削除したと言われている。

「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」画像・動画ギャラリー

ハーディが『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』のキャップを被っているからといって必ずしもヴェノムがMCUに参加するとは限らず、いくつかの理由が考えられるが、それでもファンはヴェノムが今後製作されるマーベル映画、おそらく「スパイダーマン」の次回作に登場するのではないかと推測している。
あるファンは、ハーディが被っていたキャップは『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』の「キャストとクルー」が身に付けていたものと同じだと指摘しており、また別のファンは、予告編第1弾でドクター・オクトパスやグリーンゴブリンといった過去作の敵がチームを組むことが示唆されていたことから、ヴェノムが同作のヴィランの1人としてフィーチャーされるというのは非常に妥当な考えだと述べている。

エディ・ブロックは、2007年に公開されたサム・ライミ監督作の『スパイダーマン3』に登場していた。それ以降、ヴェノムはハーディがブロック役を演じるまったく別のシリーズに登場しているが、ホランドが演じるスパイダーマンとクロスオーバーすることはなかった。ところがソニーは、ソニーのスパイダーマン・ユニバースとMCUを連結させる「計画がある」ことを示唆している。
ソニーのコメントに加え、予告編にほんの一瞬だけ黒っぽい影が登場していたことから、スパイダーマンの宿敵であるヴェノムが再び登場して大暴れするのではないかという噂が広まった。多くのファンがヴェノムの目のマークと思われるものが写るフレームに注目しているが、これもヴェノムの再登場を示している可能性がある。

『ヴェノム』で監督を務めたルーベン・フライシャーは、ソニーがトム・ハーディ演じるヴェノムとトム・ホランド演じるスパイダーマンの対峙に向けて「準備を進めている」と述べていたため、これが何か大きなものにつながるカメオである可能性は否定できない。しかし、それは『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』が公開されるまではわからないだろう。

【広告】

体臭・口臭にお困りの方!   

多数のメディアで話題の消臭サプリ

                                        『shunax』
                                   もう気にならない!!

 



コメントは受け付けていません。