デヴィッド・ボウイ生涯最高のライブ映画『ジギー・スターダスト』公開決定(オリコン)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:オリコン

来年、2022年はデヴィド・ボウイ生誕75年、そして彼をスーパースターに押し上げた、ロック史上に燦然と輝く名盤『ジギー・スターダスト』が発売されて50年となる。その節目に、「ジギー・スターダスト」ツアーの伝説的な最終公演を収めたボウイ生涯最高のライブ映画『ジギー・スターダスト』が、彼の誕生日1月8日の前日7日よりBunkamuraル・シネマ(東京)ほかにて公開されることが決定した。

【写真】『ジギー・スターダスト』ジャケット

 5年後に滅びようとする地球に異星からやってきたスーパースター「ジギー・スターダスト」にデヴィッド・ボウイが扮し、ロックスターとしての成功からその没落、絶望から復活までを壮大に描いたコンセプト・アルバム『ジギー・スターダスト』。

 映画『ジギー・スターダスト』は、ボウイが1972年から73年にかけてイギリス、アメリカ、日本で行った長期ツアーの最終公演、ロンドンのハマースミス・オデオン劇場での伝説的なライブを撮影したドキュメンタリーで、ボウイ自身が製作に関わった生涯最高のライブ映画とされる。

 この時のステージ衣装にはロンドンでコレクションを発表して間もない27歳の山本寛斎が参加。監督はボブ・ディランの『ドント・ルック・バック』で、音楽ドキュメンタリーの歴史に一線を画した、アカデミー賞名誉賞受賞監督D.A.ペネベイカー。全曲の歌詞翻訳を含む字幕は、シュガーベイブのベーシストだった寺尾次郎が担当した。

 ボウイが2016年、寺尾次郎が18年、ペネベイカーが19年、山本寛斎が20年、相次いでこの世を去ったが、50年目の“ジギー・スターダスト”は永遠の命をさらに輝かせ、未来を見失いそうな地球人を挑発し、勇気を奮い立たせてくれるはずだ。

 ポスターは、ライブが一気に盛り上がっていく終盤、ボウイのパントマイムが見られる「円軌道の幅」で、扉をこじ開け空に羽ばたいていく姿、「お前は二度と神に屈しない」という歌詞につながっていく場面。また、「チェンジス」の歌詞から、「変わるんだ 大人になっても変化しろ」というフレーズを採用。ボウイが生涯を通じて発した、運命に負けず自らを変革し続けよう、というメッセージが込められている。

■映画での演奏曲目
1:君の意志のままに
2:屈折する星くず
3:あの男を注意しろ
4:フリークラウドから来たワイルドな瞳の少年
5:すべての若き野郎ども
6:ユー・プリティ・シングス
7:月世界の白昼夢
8:チェンジス
9:スぺイス・オディティ
10:私の死
11:気のふれた男優
12:時間
13:円軌道の幅
14:夜をぶっとばせ
15:サフラジェット・シティ
16:ホワイト・ライト/ホワイト・ヒート
17:ロックン・ロールの自殺者

【広告】

高品質なルイボスティーは

しっかり煮出して美味しく飲めます。

エルバランシアのルイボスティーは最高品質!

            高品質・安心の

ルイボスティーはこちら

↓   ↓   ↓


コメントは受け付けていません。