飼い主が入院「取り残された猫の運命は?」 お姉さん猫に見守られて“猫見知り”を克服(オリコン)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

出典元:オリコン

少し前に、新型コロナウイルスに感染した男性が「猫がいるから」と入院を断り、死亡したというニュースがあった。コロナに限らず、いつ病気になったり、ケガをするかは誰にもわからない。ただそのとき、飼っている動物まで巻き添えにしてはいけない。猫のマロンは、ある飼い主が入院したことから、NPO法人『ねこけん』に保護された。“もしも”のときのために、飼い主にできることは? 代表理事の溝上奈緒子氏に聞いた。

【写真】「これはまさに“猫見知り”…」絶賛ひきこもり中のマロン、心を開いた瞬間

■1人暮らしの飼い主が突然入院、部屋に取り残された“猫見知りの”マロン

 『ねこけん』の預かりメンバー宅で保護猫生活を始めたマロン。だが、マロンはケガをしていたところを保護されたわけでもなく、虐待されたわけでもない。ある日、病院からかかってきた電話により、溝上氏が保護を決めた猫である。

 「実は飼い主が急きょ、精神科の病院に入院してしまって。病院から連絡があり、飼い主の方の鍵を渡してもらい、保護した猫なんです。最低でも1ヵ月、長くて3ヵ月の入院になると言われました。だから、飼い主本人に私たちも会っていないんです」。

 これまで、飼い主と2人…1人と1匹で生活をしていたため、マロンは人見知りならぬ“猫見知り”の猫だった。メンバー宅で生活を始めた当初は、ゲージからもなかなか出ようとしない。飼い主しか見たことのなかったマロンにとって、初めて見るほかの猫は未知の生物だっただろう。突然、飼い主と離れて心細くもあったに違いない。

 そんなマロンを出迎えたのは、臨月で保護され、そのあと腎臓病が発覚した猫「楓」と、石垣島からやってきた片目を病んだ「島美」だった。楓も島美も、決して無理に近づくことはしない。もしかしたら保護猫たちは、マロンの寂しさや悲しみを感じ取っていたのかもしれない。

 そんな周囲の見守りもあり、やがて恐る恐るケージから出てきたマロン。もともと、猫は好奇心旺盛な一面を持つ。飼い主と離れ離れになったとはいえ、虐待されたわけでも怯えるものがあったわけでもないマロンは、本能に逆らうことはできなかっただろう。優しく見守る先住メンバーたちの前でマロンは少しずつ、本来の元気を取り戻していった。

【広告】

      【FC東京】チケット販売



選手の顔と名前を覚えて、

「推しメン」を決めて、

スタジアムで熱い声援を送ろう!

コメントは受け付けていません。