麻薬中毒、フリーセックス…映画表現のモラルを超え、破滅へ誘う女性を演じた女優の代表作「モア」「渚の果てにこの愛を」予告(映画.com)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

出典元:映画.com

1960年代後半、当時の映画表現のモラルを超えた2本のヨーロッパ映画に連続主演し、センセーションを巻き起こしたアメリカ人女優、ミムジー・ファーマーの代表作「モア」(69)と「渚の果てにこの愛を」(70)の日本公開50周年を記念し、11月5日からの劇場公開が決定、このほど日本オリジナル予告編がお披露目された。

【フォトギャラリー】「モア」「渚の果てにこの愛を」場面写真

 カウンター・カルチャーが世界を席巻した60年代後半に麻薬中毒、フリーセックス、近親相姦といったインモラルなテーマの作品で、まばゆい笑顔と伸びやかで美しい肢体で見る者を魅了、そして愛する男と自らをも否応なく破滅へと誘ってしまう女性像を演じたミムジー・ファーマー。青春映画の傑作「モア」では、過激なラブシーン、ドラッグ摂取でのバッドトリップによる幻覚症状が、ピンク・フロイド作曲・演奏のサウンドトラックをバックに描かれ、異形のミステリー「渚の果てにこの愛を」では、兄と妹の禁断の愛の物語が「キル・ビル Vol.2」(2004)で流用されたフランスのシンガーソングライター、クリストフによる楽曲と共に紡がれる。

 忘れ去られた伝説の女優の危険な魅力と美しさを、観る者の心に刻み付ける野心的な上映企画だ。11月5日から新宿シネマカリテほか、全国順次公開。

【広告】

娘が弾いていたピアノ。

私が弾けたらなー・・・

お任せください。

      楽譜が読めなくても30日で

  上達するピアノレッスンです。



コメントは受け付けていません。