Nintendo SwitchでBluetoothオーディオの利用やスリープ中のネット接続に対応するアップデートが配信開始 その注意点も解説(IGN JAPAN)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

出典元:IGN JAPAN

任天堂は、Nintendo SwitchのシステムソフトウェアアップデートVer13.0.0の配信を2021年9月15日よりスタートした。これによりBluetoothオーディオの対応やスリープ中のネット接続に対応する。
主な更新内容は以下のとおりで、詳細については公式サイトを確認してほしい。

「Nintendo Switch」画像・動画ギャラリー

「Bluetoothオーディオ」に対応
「設定」-「本体」に、「ドックの更新」を追加
「設定」-「スリープ」に、「スリープ中の優先インターネット接続の維持」を追加
「設定」-「コントローラーとセンサー」に、「スティック補正」において、補正の開始方法を変更
「設定」-「インターネット」において、無線でインターネットに接続しているときに使用している電波周波数帯(2.4GHz/5GHz)を確認できるようになった。

今回のアップデートで目玉となるのは「Bluetoothオーディオ」への対応だが、注意点がひとつあり、それはコントローラーの無線接続が2台までに限定されてしまうことだ。

例えばJoy-Conをアダプタで1セットで利用しても2台の接続となってしまうため、それ以上無線コントローラーを追加してプレイすることはできない。ただProコントローラーであれば、「設定」-「コントローラーとセンサー」-「Proコントローラーの有線通信」にて、USBケーブルによる有線接続で利用できるためうまく活用しよう。

そのほか、Bluetoothオーディオの使用はローカル通信との併用ができないこと、Bluetoothオーディオのマイク入力には対応していないことも把握しておこう。
また、「スリープ」の「スリープ中の優先インターネット接続の維持」では、有線でインターネットに接続している本体がスリープになった際に、常にインターネットへの接続が可能となった。それにより、スマートフォンなどからソフトや追加コンテンツを購入した場合などにすぐにダウンロードが開始されるようになる。
この機能をOFFにしても、スリープ中であれば「一定間隔ごとにインターネットに接続してダウンロードする」という動作に切り替わり、その分消費電力も低下するので、環境や好みに応じてうまく使い分けよう。

【広告】

あなたの切手、

あなたが満足する価格で買い取ります。

不要な切手の買い取りなら

                                  買取プレミアム

がおすすめ



コメントは受け付けていません。