ロバート秋山を筆頭に“憑依系芸人”が続々CM特需…その背景は?(オリコン)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:オリコン

ある時は妻から洋服に消臭スプレーをかけてもらえない父親、またある時はバイト刀鍛冶役、ケンタウロス風の珍獣…ここ最近、ロバート・秋山竜次を起用したCMをよく見かける。秋山以外にも、『Indeed』の千鳥や『さとふる』の東京03など芸人のCM起用は増えているが、CMの世界観に芸人を寄せるというよりは、“それぞれの持ちネタに寄せた”アプローチの内容が多い。あらゆるストーリーのキャラになりきれる“憑依系芸人”たちは、今最も企業側から熱烈なラブコールが送られている。

【画像】秋山竜次と永野芽郁が“2人旅”ほか、横浜流星に安達祐実、冨永愛、中尾彬も出演の『クリエイターズ・ファイル』

■自身の世界観を“そのまま”投影 企業CMにも重宝される鉄板の憑依芸

 今最も企業CMにおいて需要が高いロバート秋山。ロバートとして『キングオブコント』2011年覇者はもちろん、個人としても故・梅宮辰夫さんの顔だけ写真を使い、体は日焼けした恰幅のいい自前のものを使う「体ものまね」や、トータル・ファッション・アドバイザーのYOKO FUCHIGAMI、子役・上杉みちなど、『ロバート秋山のクリエイターズ・ファイル』で知られる「憑依芸」「なりきり芸」でブレイクした。

 CMでもその芸を生かし、『ファブリーズ』では濃厚すぎてちょっと鬱陶しいお父さん、『マイナビバイト』では落ち武者・師匠感がハンパないのに実はバイト…の刀鍛冶、色黒珍獣・秋山もすっかり定着した『Renta!』、三姉妹の両親(一人三役?)を演じる『マックデリバリー』等々、どれも強烈なインパクトを残しつつ、しっかりと商品アピールにも成功している。

 視聴者側にしても、秋山ならしっかり笑わせてくれるだろうという安心感があり、画面に登場しただけで、すでになんとなく笑えるといった“出オチ感”もたっぷり。しかも彼がうまいのが、ありがちな“誇張しすぎ”“やりすぎ”感をギリギリに抑え、「こういう人いるよな…」と思わせるリアル感をキープしているところ。それでいて、共演相手を“食う”ことなく(相手のよさを殺さず)、自分のキャラを最大限に活かすというバランス感覚も、彼の特異さである。

 しかしながら、その憑依力(演技力)を活かしてトレンドの“俳優芸人”として活躍するでもなく、あくまで「お笑い芸人」「ネタ」というスタンスを崩していないところは、ある意味ほかの芸人と一線を画しているといえるかもしれない。

【広告】  漢方由来のヘアーケアー

美髪素


・白髪や抜け毛が気になりだした方に
・黒く艶やかで美しい毛髪にしたい方に

明朝時代の処方を基に作られた漢方薬です。

コメントは受け付けていません。