水谷豊×岸部一徳×檀れい、「無用庵」シリーズ第5弾 9・21放送決定(オリコン)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:オリコン

俳優の水谷豊が“隠居殿”、岸部一徳が“お節介用人”、檀れいが“お転婆旗本息女”を演じる痛快エンターテインメント時代劇の第5弾『無用庵隠居修行5』が、BS朝日で9月21日(後8:00~9:54)に放送されることが決定した。

【写真】アイドルに扮した檀れい

■“恋の騒動”を繰り広げつつ、幕府と江戸を巻き込んだ巨悪に立ち向かう

 直木賞受賞作家・海老沢泰久の短編時代小説「無用庵隠居修行」が原作。2017年に初めて放送されて以来、武士の日常を笑いで描きつつ、切なくも心温まる、そしてサスペンスフルなストーリーを展開。水谷×岸部×檀の3人の、格式ばった時代劇とは一線を画した軽妙なやりとりは同シリーズの大きな魅力となり、5作目が作られることに。

 水谷は「5年も続けていると「ただいま」という感じになりますね(笑)。『無用庵』がここまで続く人気の秘密は、僕にはよくわからないのですが、完成した作品を見るとね……面白いんです(笑)。今回の話も面白いですが、それに尽きるんじゃないかと思いますね(笑)」と、手応えありあり。

 今回は、檀扮する奈津の元夫が登場。水谷扮する半兵衛に思いを寄せる奈津の心が揺れ動く!? 半兵衛は? 2人を見守る岸部扮する用人・勝谷は!? 勝谷や奈津の両親が“仕組んだ”半兵衛と奈津の初めての出会いも回想シーンとして描かれる。“恋の騒動”を繰り広げつつ、半兵衛は、江戸で流行する麻疹(はしか)の特効薬に潜む大奥の闇に巻き込まれていく。

 水谷は、「今回は奈津の過去が明かされますが、それによって半兵衛のとても中途半端だった奈津への思いが一つ先に進むんですね(笑)。ただ、時代劇で男女の距離が近づくというのは現代劇とは違う。やはりなんともいえない距離感なんです。近づくようで近づかない、その微妙な距離感がとてもワクワクドキドキ。時代劇独特です。もう一つは大奥のウラの話。これがとても魅力的なんです。そのウラでどんなことが起きているのか。ぜひお楽しみにしてください」と、見どころを語っている。

コメントは受け付けていません。