大谷亮平×柚希礼音&新妻聖子『ボディガード』再演決定 新たにMay J.が参戦(クランクイン!)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

出典元:クランクイン!

俳優の大谷亮平、女優の柚希礼音と新妻聖子が出演するミュージカル『ボディガード』の再演が決定し、新たに歌手のMay J.が出演することが発表された。May J.は、人気絶頂のポップシンガー、レイチェル・マロン役を、柚希と新妻とのトリプルキャストで演じる。

【写真】出演が決まった「May J.」フォトギャラリー

 本作は、ケビン・コスナーとホイットニー・ヒューストン主演で1992年に公開され、世界中で大ヒットを記録した映画『ボディガード』をミュージカル舞台化。グラミー賞受賞曲「I Will Always Love You」をはじめ映画の楽曲をふんだんに使い、「英国ローレンス・オリヴィエ賞」で最優秀作品賞を含む4部門にノミネートされ、18ヵ月の英国&アイルランドツアーは完売しウェストエンドへ凱旋。その後は世界各地で上演され、日本では、2019年9月に、本場英国キャストによる初の来日公演を果たしたヒット作品となっている。

 2020年春には、新演出にて日本キャスト版の初演を東京・大阪にて上演することとなっていたが、コロナ禍の影響で予定の33回公演の内、大阪公演5回のみの上演となり、東京の全公演を含め、ほとんどの公演回が中止となっていた。

 今回、そんな日本キャスト版の再演が決定。前回と同様、スティーヴン・スピルバーグ製作総指揮のNBCミュージカルドラマ『SMASH』の振付でエミー賞を受賞したジョシュア・ベルガッセが振付・演出を担当し、キャストには、映画ではホイットニー・ヒューストンが演じた人気絶頂のポップシンガー、レイチェル・マロン役で、柚希礼音と新妻聖子が前回に続き出演し、新キャストとして、紅白歌合戦にも出場し、日本を代表する歌姫として幅広い世代から支持を集めるMay J.がトリプルキャストで参加。そして、映画ではケビン・コスナーが演じ世界中の女性を虜にしたレイチェルを守るボディガード、フランク・ファーマー役として、大谷亮平が初演に続き出演する。

 さらにAKANE LIVや佐賀龍彦(LE VELVETS)、入野自由、猪塚健太、大山真志、吉本新喜劇の内場勝則といった人気・実力を兼ね備えたキャスト陣が集結する。

 今回からの参加となったMay J.は、「子供の頃に家族と映画のビデオを観て以来、ずっと憧れていた役を演じることが叶い、信じられない気持ちです」と語り、「歌手の役ですので、私自身と通じる部分があるのではないかと思います。しっかりと演じられるよう努力していきます」とコメント。

 一方大谷は、「再演を楽しみに待ってくださっている方々に向けて、心に残るような素敵な舞台をお届けできるよう、これからの稽古に励んでいきますので是非楽しみにしていてください」とメッセージを寄せた。

 ミュージカル『ボディガード』は、大阪公演が梅田芸術劇場メインホールにて2022年1月21日~31日、東京公演が東京国際フォーラムホールCにて2月8日~19日に上演。

【広告】


週末を利用して何か新しい事に

チャレンジしてみては?

SUPやパラグライダーなどのアウトドア体験

ハーバリウムや陶芸体験などのインドア体験

まずは体験プログラムに参加してみよう。

体験プログラムから本格的に始めちゃうかも

体験プログラムであれば装備・道具の心配

もなく気軽に参加できますよ。

    ↓   ↓   ↓

コメントは受け付けていません。