【意識調査】お盆の帰省控える人が大半も、24.5%はそれでも「帰省する」 若年層は3割以上にのぼる(オリコン)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

出典元:オリコン

一時は「1日100万回接種なんて無謀すぎる」と揶揄されていた新型コロナワクチン接種も、担当大臣がペースダウンをお願いするほどのハイペースで進み、1回以上接種者が44.7%、2回接種完了者が31.5%にまでようやく達している(8月4日現在、首相官邸ホームページより)。しかし、感染力の非常に強いデルタ株はそれを上回るスピードで蔓延、全国の感染者数は連日の記録更新を続けているのが現状だ。そんな最中でのお盆帰省。1年以上にわたり両親、または子どもと再会できずフラストレーションがたまっている人も多いだろう。今年の帰省について調査した。

【図】政府への不信感も…「帰省する」人々の理由とは?

■警戒が続く人々の意識、一方で「五輪開催がきっかけ」で帰省を決めた声も

 今年のお盆に「帰省しない」とすでに決めている人は61.5%。とくに、50代以上では66.7%にのぼる。理由は、半数以上(52.8%)が「コロナ感染が不安だから」だった。次いで「緊急事態宣言やまん延防止等重点措置の対象地域に住んでいるから」(32.6%)、「自分がワクチンを接種できていないから」(31.2%)、「変異株など感染拡大をしているから」(30.8%)など、やはり感染を警戒し、ワクチン接種の有無を気にする声が強い。

 ちなみに昨年の帰省について聞くと、「帰省していない」人は82.8%。今回の調査で「帰省しない(61.5%)」「迷っている(14.0%)」の合計は75.5%となり、迷っている人の判断にもよるが、昨年に引き続き“帰省できない現状”が続いていることがうかがえる。

「迷っている」人の中には、「緊急事態宣言が出てしまったので都県を移動することに抵抗を感じる。ただ帰省先の両親はワクチンの接種が2回終わっているので、行ってもいいかなと迷っている」(40代女性/東京)、「感染状況がどうなるかわからない」(50代女性/愛知)、「五輪強行に対する国民感情も判断材料」(40代男性/沖縄)といった声もあった。

 一方、帰省を決めた人は24.5%。そのうち宿泊をともなう帰省は17.2%という結果だった。おもな理由としては、「帰省先の家族がワクチン接種したから」41.3%。「自分が接種したから」21.1%と、こちらもワクチン接種の状況が帰省の決め手となっている様子がうかがえる。

 なかには「不安は無し」(50代男性/東京)といった強気な意見もあるが、「周りの目が気になる」(30代女性/兵庫)、「都内ナンバーの車で帰省してトラブルにならないかが心配」(40代男性/東京)など、やはり帰省先の隣人の視線が気になるという回答も散見された。

 もちろん帰省する理由として、高齢の家族の様子を見る、大切な法事があるなどの「外せない用事」21.1%という声も多かった。だが一方では、「オリンピック・パラリンピックが開催されるから」6.6%、「政府の対応に不信感を抱いたから」7.0%と、政府の打ち出す方針への疑問や反発などから帰省を決めたという層も一定数は存在するようだ。

【広告】

初期費用0円!

格安スマホ



コメントは受け付けていません。