美 少年主演『ザ・ハイスクール ヒーローズ』第1話の「ゴレンジャー」オマージュを検証(オリコン)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:オリコン

今年、誕生から46年を迎えた、スーパー戦隊シリーズの原点でもある『秘密戦隊ゴレンジャー』。そのゴレンジャーのリーダー・アカレンジャーが登場することでも話題のドラマ、ジャニーズJr.・美 少年が学園を守るヒーローに変身するテレビ朝日系オシドラサタデー『ザ・ハイスクール ヒーローズ』(毎週土曜 後11:00~深0:00)第2話放送前に、初回のスーパー戦隊、『秘密戦隊ゴレンジャー』オマージュシーンを振り返る。なお、きょう8月7日の第2話は午後11時35分からの放送となる。

【画像】46年前のゴレンジャーの決めポーズ

 『ザ・ハイスクール ヒーローズ』に登場し、大きな役割を果たす――ということは事前に公表されていたけれど、蓋を開けてみれば、スーパー戦隊オマージュ満載。初回放送時のSNSは、推しを追いかける人たちとスーパー戦隊・特撮ファンでおおいに盛り上がった。

 仮面をつけた魔人に立ち向かう5人のヒーローが登場するファーストシーン。5人のヒーロースーツのネクタイは、『ゴレンジャー』のヒーロースーツのデザインになっている(ポスタービジュアルなどでも確認できる)。

 そして、オープニング映像は『ゴレンジャー』のオープニングをできる限り再現。特撮お決まりの爆破に次ぐ爆破の中を、自転車&リアカーに乗った5人が走り抜けていく。本家ゴレンジャーはバイクやサイドカーに乗っているが、本作の主人公たちは高校生のため、自転車に変更されたようだ。出演者のテロップの入り方も同じだったし、カッコいいポーズを決めてた後ろで大爆発が起きるって、それはもう“そのまんまスーパー戦隊”。

 青地に白文字のサブタイトルも『ゴレンジャー』と一緒。初回のサブタイトルは「真赤な太陽!無敵ゴレンジャー」だったのに対し、『ザ・ハイスクール ヒーローズ』は「真赤なヒーロー誕生!青春逆転ホームラン!!」と「真赤な」をそろえつつ、“アカヒーロー”に初変身する本編を端的に表していた。

 本作は、亡き父の影響で『秘密戦隊ゴレンジャー』をこよなく愛する真中大成(岩崎大昇※崎はたつさき)が、学園の平和を守るべく、「学園防衛部」なる部を設立。部長を務めながら、ともにヒーローとなる残り4人の部員を日々勧誘し続けていた(部員が5人集まらなければ廃部の通告を受けているため)。そんな中、学園に潜む“魔人”による仕業かもしれない事件が起こり、アカヒーローとして立ち向かっていく。

 学園防衛部のシーンなどでかかる「♪バンバラバンバンバン」という曲は、『ゴレンジャー』のエンディングテーマをアレンジしたもの。音楽を担当する沢田完のアイデアだったそうで、現実の世界から『ザ・ハイスクール ヒーローズ』の世界へ一気に引き込んでいく効果は抜群。沢田は、アニメ『ドラえもん』やドラマ『ドクターX~外科医・大門未知子』のあのテーマ曲も手掛けたヒットメーカーだ。

【広告】

SUNMEDICAL

【DelaFierte】



コメントは受け付けていません。