永野芽郁、“救われた”映画への感謝「私も誰かの心がふっと軽くなる映画が作れたら」(映画.com)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:映画.com

松竹映画の100周年を記念し、人気作家・原田マハ氏の小説を山田洋次監督が映画化した「キネマの神様」(公開中)。本作で初めて山田組に参加した永野芽郁は「最初から最後までなんて温かい映画なんだろうって思います」と愛着をにじませる。山田監督との撮影中のエピソード、そして永野自身救われたという“映画”への思いを聞いた。

【画像】ふんわり優しい笑顔!「キネマの神様」の永野芽郁

 本作は、かつて撮影所で働き何よりも映画を愛していたが、今や家族にも見放されたダメ親父のゴウを主人公に、時代を越えて繰り広げられる愛と友情、家族の物語をつづる。主人公・ゴウの過去と現代を菅田将暉と志村けんさんが二人一役で演じる予定だったが、志村さんが2020年3月29日に急逝。志村さんの遺志を継ぎ、沢田研二が現代のゴウを演じた。永野は若きゴウらが働く撮影所の近くの食堂の看板娘で、やがてゴウと夫婦になる淑子を演じた。

 山田監督作品に初参加となったが、当初は嬉しさと共に不安も大きかったそう。

 「いつかはご一緒したいと思っている方がたくさんいらっしゃる監督なので、嬉しさもありましたが、私でいいのかなという不安も大きかったです。私自身、おじいちゃんが山田監督の作品が大好きでずっと作品は見てきましたし、少しでも自信をつけて現場に入ろうと思いましたが、監督の求めていることをちゃんと出せているのか、撮影期間中はずっと不安でした。それでも、完成作を見てからは『皆さんに見てもらうために自信を持ってお話ししていくしかないな』とようやく切り替えられました」

 何度も出てくる“不安”という言葉。永野にとっては、自身を成長させるために必要な要素であり、不安があるからこそ周囲の支えも実感している。

 「これでいいかって思えるところに私はまだ達していないので、常にこれでよかったのかなって心配になったり、不安になったり、自信がなくなって……。でも、また自信を出させてくれる誰かの言葉や作品のおかげで今まで続けてくることができたので、その不安はきっとこれからもずっと持っているんだと思います」

 山田監督の現場の様子を聞くと「プロフェッショナルの集まりでした。どの部署の方もすごく丁寧に的確にお仕事をされていて、山田監督が指示をしなくても、みんなが感じ取って動いていて。今までもこうやって作ってきたんだろうなという歴史を感じました。現場の空気は穏やかさも常にあって、それも監督が持っていらっしゃるパワーなんだなと思います」と驚いたそう。「最初は監督に怒られたらどうしようと思っていたのですが、朝に必ず『おはよう、元気? 体調はどうですか?』って聞いてくださって、本当に優しくしていただきました。監督とお話しする時間が増えていく嬉しさは、確実に映像に出ていますね(笑)」と笑顔を見せる。

 現代の淑子を演じた宮本信子とは、本読みの際に山田監督から「2人は似ているね」と指摘されたそう。宮本の細かい仕草も真似て演じ、劇中では2人の姿が重なって見えてくる。

 「宮本さんの表情や仕草を真似できたらいいなと思っていたのですが、本読みの際に見ていたら、宮本さんが手を握っていらっしゃいました。山田監督やプロデューサーさんが淑子の癖を共通させたいとおっしゃっていたので、その仕草を意識してやっていました。あと、宮本さんの笑顔が本当に素敵なので、私もできるかぎり優しい温かい笑顔を真似できたらなと思っていました」

 現代のゴウと淑子の姿には、「なんでこんなに素敵なんだろうって思いました」と憧れたといい、「歳を重ねたらゴウちゃんってこうなるんだなって、自然に頭のなかでスライドができて、なぜか私も自然に宮本さんが演じた淑子にスライドができました。自分たちの未来を見ているような気持ちでした。沢田さんが演じられたゴウちゃんも、ダメダメだけれど見捨てられないパワーがありました」と魅力を明かす。

 最後に、本作にちなんで映画作りの醍醐味を聞くと、自身の経験を踏まえて映画への感謝と愛情を語ってくれた。

 「映画は時間をかけて撮っていくので、凝縮されたエネルギーが放出されるような感覚が映画作りの魅力だと思います。私も映画を撮る側の一人ですが、映画に救われたことがたくさんあります。言葉にできないけれど自分の気持ちが落ち着かない日や、お芝居をすることに自信がなくなったときに映画を見ると、一つの作品の中で人生を生きている人たちってこんなにかっこよく見えるんだなとか、誰かのセリフに救われるとか、そういう経験があったから今もこの業界で映画を作りたいって思えています。私も誰かの心がふっと軽くなる映画が作れたらいいなって常に思いますし、これからも映画界に携わっていきたいです」

【広告】

ピアノ初心者の60代男性が、

わずか30日で「第九」を弾けた方法とは?



ピアノ初心者の60代男性が、

わずか30日で「第九」を弾けた方法とは?

あなたは「第九」や「歓喜の歌」と呼ばれる曲の

作曲した人を、ご存知でしょうか?

「第九」は年末にもよく合唱などで歌われていて

有名なクラシック曲なので、ご存知の方も多いでしょう。

この曲は、“楽聖”つまり、“きわめてすぐれた音楽家”と呼ばれる

ベートーヴェンが晩年に完成させた名曲です。

正式名称を「交響曲第九番」と言います。

この、偉大な音楽家が作曲した、

世界中で愛されているこの名曲を、

あなたも今すぐ、ピアノで弾いてみましょう!!

・音楽経験なんてまったくない!

・指をスラスラ動かせない!

・そもそも、楽譜が読めない!

そんなお悩みも、まったく問題ありません。

楽譜が読めなくても、憧れのピアノは弾けます!

しかも、たった30日で。

⇒「本当に!?信じられない!」という方は、
まずこちらの映像をご覧ください。

通常、ピアノ教室に通うとまず行うのが、

楽譜の暗記です。

楽譜は英語のように、普通の生活では、

使わない記号が盛りだくさんです。

ですから、まずその記号を覚え、楽譜の読み方に慣れないと
なかなか曲をスラスラ弾けません。

ですから、はじめて曲を1曲弾けるまで「3カ月かかった」

なんて話もよく聞きます。

そんなに時間がかかるなんて・・・

と驚いてしまったあなた、

お気持ちよくわかります。

もっとカンタンに、早く、楽しく、ピアノを

弾けるようになれたら、嬉しいですよね。

そこで、楽譜に“あるもの”を足すだけで、誰でもすぐ、

楽譜をスラスラ読めて、曲に挑戦できる方法があります。

一体何かわかりますか?

楽譜は、普段使わない記号を使うから難しいのです。

例えば、小学生がまだ習っていない漢字を

いきなり読むのは難しいですよね。

でも、その漢字にもし読み仮名があったら、

ひらがなさえ知っていれば、スラスラ読めると思います。

これと同じで、楽譜も、普段使うものを足すだけで、

カンタンにスラスラ読めるようになるのです。

つまり、あなたが普段使っている「フリガナ」と「数字」を使えば、

見てすぐ楽譜を読んで、曲に挑戦できるでしょう。

今回ご紹介するピアノ上達レッスンでは、

この“画期的な楽譜”を使って、すぐに曲を弾くことができます。

短期間でピアノが弾ける!“特別な楽譜”の見本をぜひ一度、ご覧下さい。
⇒見てすぐ弾ける楽譜のヒミツを知る!

しかも、すごいのはそれだけではありません。

このピアノ上達レッスンの講師の先生がすごいです。

現役のピアニスト兼、ピアノ教室の講師の

【 海野 真理 】先生です。

指導の経験が豊富な海野先生は、レッスンのプロ中のプロ。

そのレッスンは順番待ちができるほど大人気です。

そんな大人気ピアノ講師のレッスンを自宅で

好きな時間に好きなだけ受けられます。

本格的で、わかりやすいレッスンを自宅で受けられる!

というピアノレッスンは大好評で、

ついに受講者は5,000人を突破しました!!

⇒気になる海野先生のピアノレッスンはこちら。

憧れのピアノを思い通りに弾きこなせた瞬間、

心の底から感動を感じることでしょう。

それだけではありません。

ずっと弾いてみたかった、大好きな曲にも、

ドンドン挑戦できるでしょう。

大好きな曲を弾けたときの喜びは、

さらに格別です。

家事の合間のちょっとした時間に、

食後のひと時に、ピアノを奏でる。

そんな憧れのひと時を今すぐ手に入れませんか?

target=”_blank” rel=”nofollow noopener noreferrer”> ⇒試しにピアノレッスンを見てみる

しかも、今だけ!

★さらに追加であの名曲が弾ける!

通常の練習曲にプラスして【3曲】分も弾ける

初心者向け“楽譜”をプレゼント中です。

はじめてでも安心の、弾くコツがすぐわかる。

先生の解説と模範演奏が入ったCD付き!

憧れの名曲をすぐに弾けるこの特典は、期間限定です。

ぜひ、お早めにご確認下さい。

 ⇒只今のプレゼント曲はこちら

コメントは受け付けていません。