壹岐での戦いは、新たな葛藤を仁に突きつけるものに 『Ghost of Tsushima Director’s Cut』のストーリートレーラーが公開(IGN JAPAN)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

出典元:IGN JAPAN

『Ghost of Tsushima Director’s Cut』で境井仁の前に立ちはだかる新たな敵は、「オオタカ」と呼ばれる蒙古の呪師(シャーマン)であることがわかった。新たにストーリートレーラーも公開されている。
この侵略者を退けることが新ストーリー「壹岐之譚」における仁の目的のようだ。仁は過去にも壹岐にいたことがあり、そのときのトラウマとも対峙するのが大きなテーマとなっている模様。

「Ghost of Tsushima Director's Cut」画像・動画ギャラリー

PS.Blogの発表によれば、本編の舞台であった対馬とは異なり、本作の壹岐は強い独立心の根付く、侵略者や犯罪者の多い場所なのだという。「”オオタカ”に挑むには、不愉快と思える人物たちの周りで行動したり、協力しなければなりません。」ともあり、本編とはまた異なった葛藤が仁に突きつけられることになるようだ。

登場する敵として海賊や密輸人、錯乱した僧侶などが挙げられており、さらに「幽霊の出そうな洞窟」というロケーションも挙げられている。敵がシャーマンであることを考えると、幽霊や悪霊のようなアプローチの敵も登場するのかもしれない。また、登場人物の深い内面に迫るような描写にも期待できそうだ。
『Ghost of Tsushima Director’s Cut』はPS4/PS5向けに2021年8月20日に発売予定。基本的な内容は過去に掲載した記事を参照してほしい。

【広告】

 

基礎化粧品会社イービーエム直営の

肌にやさしいフェイシャルサロン。



コメントは受け付けていません。