西野七瀬、スナックのママ役「新鮮な感じ」 “弟”村上虹郎の頭を叩くシーンに全力(オリコン)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:オリコン

女優の西野七瀬が20日、都内で行われた映画『孤狼の血 LEVEL2』(8月20日公開)孤狼祭―コロフェス-完成披露プレミアイベントに出席。松坂桃李演じる日岡秀一のスパイとして上林組に潜り込む“チンタ”こと近田幸太(村上虹郎)の姉でスタンド「華」のママ・近田真緒役を担当しているが「地毛を全部ブリーチして臨みましたが、自分の中では新鮮な感じがありました。(チンタが)心配しかかけないので…」と姉としての顔をチラリとのぞかせた。

【動画】スナックのママ役で地毛をブリーチしたことを告白した西野七瀬

 同作は、2018年公開の前作『孤狼の血』から、3年後が舞台。広島の裏社会を治めていた伝説の刑事・大上(役所広司)亡き後、その遺志を受け継いだ若き刑事・日岡秀一。権力を用い、暴力組織を取り仕切っていた日岡だったが、出所してきたたった一人の“悪魔”によって事態は急転していく。原作シリーズでは描かれていない、完全オリジナルストーリーとなっている。

 劇中では、真緒がチンタの頭を引っ叩くシーンもあるが、村上が「(力加減は)150%くらいいったと思います」と指摘すると、西野は「200ぐらいでしたね。一生懸命、自分の出せる力は出しました。初めてたたかせていただきました」とにっこり。村上は「いい音鳴らすんですよ」と声を弾ませていた。

 イベントにはそのほか、松坂桃李、鈴木亮平、村上虹郎、斎藤工、早乙女太一、滝藤賢一、中村獅童、吉田鋼太郎、白石和彌監督、原作者の柚月裕子氏、s**t kingzも出席。ケンドーコバヤシがMCを務めた。

【広告】

日本最大級のビデオオンデマンド

無料トライアル実施中!




コメントは受け付けていません。