勝村政信主演『ドクターY』第6弾 加治先生が老いに直面し大苦戦「大人の共感を呼ぶ“いい話”」(オリコン)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

出典元:オリコン

テレビ朝日の人気ドラマ『ドクターX~外科医・大門未知子~』に登場する、勝村政信演じる“腹腔鏡の魔術師”こと加地秀樹を主人公に据えた、スピンオフドラマシリーズ『ドクターY~外科医・加地秀樹~』の第6弾が10月に放送されることが、勝村の58歳の誕生日である21日に発表された。

【写真】老いと戦う勝村政信演じる加地先生

 今年10月から、2年ぶりに最新シリーズをスタートさせる『ドクターX』。それに先駆け、2時間スペシャルで『ドクターY』が帰ってくる。2016年に誕生して以来、シリーズを重ね、19年の第4弾からは地上波のプライム帯で放送される2時間スペシャルドラマへと進化。『ドクターY』も毎年恒例の作品としておなじみとなった。自在にジャンルの垣根を越えながら、バラエティーに富んだ悲喜こもごものドラマを紡いできた加地。その裏で、6年という歳月は着実かつ無情にも加地の身体をむしばんでいた? 第6弾では、加地に老いのビッグウェーブが到来。「腹腔鏡の魔術師」と崇められたスーパードクター・加地が、まさかの手術ミス(&失恋)でどん底のロケットスタートを切ってしまう。

 帝都医科大学付属横浜分院で働いている加地。ところが、得意の腹腔鏡オペでミスを連発してしまうことに…。実は加地、視力も低下し、腰も痛め…。見て見ぬふりをしていた老いが本格化し、思うようなパフォーマンスができなくなっていた。そんな加地に突き付けられたのは、離島にある分院の病院長ポスト打診という事実上の戦力外通告。しかも続けざまに、カノジョが加地に見切りをつけ、莫大な資産を持つ余命6ヶ月の起業家に乗り換えていたことも判明するなど、踏んだり蹴ったり。そんな中、その起業家が、最期までやり残したことをまっとうするべく入院を拒否し、なぜか加地を付き添いの主治医に指名。2人は行動を共にすることになるが…。

 忍び寄る己の限界に打ちひしがれ、ため息の加地。ふたたび医師として(男として)、どん底から這い上がれるのか。『ドクターY』らしい笑いと、不意の感動、あっと驚くどんでん返しも待ち受ける“限界に抗う男”加地秀樹の苦闘の物語となっている。

 また、もうひとつのお楽しみの『ドクターX』主要キャラクター陣の特別出演。今回は昨年の第5弾に続き、2度目の『ドクターY』出演となる内田有紀、そして第3弾(2018年)と第4弾(2019年)にも登場した遠藤憲一が参戦する。内田演じるクールなフリーランス麻酔科医・城之内博美は、すっかり弱気になってしまった加地をビシッとカッコよく叱咤激励。一方、遠藤が演じる愛すべきヘタレ外科医の海老名敬は、どういうわけか海老名史上初のジャージ姿で、ホームレスのための炊き出しに並んでいて…。はたして博美と海老名はそれぞれ現在、どんな状況に身を置き、老いにさいなまれる加地とどう絡んでいくのか。さりげなく仕込まれた『ドクターX』最新シリーズにもつながる展開とあわせ、注目だ。

【広告】

 ZAFUL





ZAFULは欧米を中心に

レディースファストファッションを

提供しているサイトです。

コメントは受け付けていません。