「孤狼の血 LEVEL2」主演の松坂桃李、役所広司から譲り受けたライターをお守りに(映画.com)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:映画.com

人気シリーズ最新作「孤狼の血 LEVEL2」の完成披露イベントが7月20日、都内で行われ、主演の松坂桃李をはじめ、鈴木亮平、村上虹郎、西野七瀬、斎藤工、早乙女太一、滝藤賢一、中村獅童、吉田鋼太郎、前作から続投する白石和彌監督、原作者の柚月裕子が出席。イベントの模様が全国296の劇場に生配信された。

 広島の架空都市を舞台に警察とやくざの攻防戦を過激に描いた「孤狼の血」の続編。前作で新人刑事として登場した松坂演じる日岡秀一を主人公に、3年後の呉原を舞台にした物語が完全オリジナルストーリーで展開する。

 前作から役所広司の後を継ぎ、主演を飾った松坂は「実際にも3年の歳月が経っているので、3年分たまった思いをぶつけたかった」と強い思い入れ。役所から譲り受けたライターを「3年間、個人的にお守りにしていた」といい、役所演じる“亡き先輩”に改めて敬意を示した。役作りで過酷な減量にも挑み「はいつくばる狂犬のような、飢えた感じ。そこからつながる復讐心やエネルギーも含めて表現したかった」と明かした。

 一方、鈴木は日岡の前に立ちはだかる上林組組長・上林成浩を演じ、「桃李くん演じる日岡をどう追い詰めるか。ずっと攻めの芝居で、悪役の醍醐味を味わった。本性? いえ、監督の指示です(笑)」と回想。松坂と鈴木の格闘シーンは、撮影に3日3晩を要したといい「体力的にも精神的にもヘロヘロ。血と汗、その他いろんなものを出しながら、3日間走り抜けた」(松坂)、「戦友ですよね、認め合った感が生まれた」(鈴木)と振り返った。

 そんなキャスト陣の熱演に、白石監督は「前作は『もっと暴れてくれ』という思いだったが、今回はみんなが勝手に暴れ倒して、もう少し落ち着いてくれって(笑)。その熱量が画面に詰め込んである」と賛辞。「近年まれに見るスーパーエンタテインメントが仕上がった」と確かな手応えを示した。原作の柚月氏も「見終わって、こぶしを握り締めて、叫びたくなった。作品に関わった皆さんの熱量が、体中をかけめぐった」と興奮しきりだった。

 「孤狼の血 LEVEL2」は、8月20日に全国公開。

【広告】



選手の顔と名前を覚えて、

「推しメン」を決めて、

スタジアムで熱い声援を送ろう!

コメントは受け付けていません。