モーニング娘。’17でフットサルチームを作るなら? “ダンスマスター”石田亜佑美が選んだベスト5(AbemaTIMES)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

著名人の方に「フットサル、Fリーグの魅力に触れてもらおう!」という新企画がスタート。第1回のゲストはモーニング娘。17の石田亜佑美さんのインタビューを2回に分けてお届けします。5人でプレーするフットサルのチームを、今のモーニング娘。17メンバーでつくるなら? という質問にも答えてもらいました!

――いきなりですが、石田さんはフットサルを見たことはありますか?

石田 ちゃんと見たことはなくて……サッカーと同じようにボールを蹴ってゴールを目指すぐらいのイメージです。もちろん、先輩たちがフットサルをやっていたことは知っています!

――モーニンング娘。OGの吉澤ひとみさん、石川梨華さん、藤本美貴さんなどがプレーしていたガッタス・ブリリャンチスH.P.ですね。

石田 実は、ハロプロに入ったばかりの頃、「フットサル、やってみる?」って誘われたことがあるんです。

――そうだったんですか!

石田 はい。興味はすごくあったんですけど、飛び込む勇気がなくて……。というのも、昔から球技があまり得意じゃなくて、体育の授業でサッカーをやったときも、ボールを蹴ろうとしているのに人の足を蹴ってしまうような感じだったんです(笑)。中学時代はハンドボール部だったので、投げるほうがちょっと得意です。

――でも、フットサルとハンドボールは足と手という違いはありますけど、共通点が多いんですよ。コートの広さも、ゴールの大きさも同じで、動き方も似ています。ハンドボール経験者の石田さんだったら、フットサルでも活躍できるかもしれませんよ。もしも今誘われたらやりますか?

石田 今だったらやってみたいです! 体を動かすことがライブとかレッスンぐらいしかないので。それに、チームのみんなでやれるので楽しそう。

――5人でプレーするフットサルには4つのポジションがあって、サッカーのFW的なポジションで切り込み隊長になるのがピヴォ、サイドから仕掛けたり、バランスをとったりするのがアラ、チームのかじ取り役となるフィクソ、サッカーのGKと同じく最後尾でゴールを守るゴレイロです。この中だったら、石田さんはどこのポジションが自分に合ってそうだと思いますか?

石田 う~ん、そうだなぁ……。私はアラがいいです。ピヴォって、自分が先頭に立って引っ張っていくようなイメージですよね?

――そうですね。いわゆる切り込み隊長というか、前線で身体を張ることが求められます。

石田 それなら、私はアラが向いている気がします。ステージのどこにいても、ど真ん中であろうと端っこであろうと、存在感を出せるようになりたいなと思っています。

――モーニング娘。17のメンバーをフットサルに例えるなら、誰がどのポジションのイメージですか?

石田 ピヴォは、個人的には工藤遥ちゃんかなって思います。例えば、みんながコメントを求められて、何て答えようかな……とちょっと詰まった時、真っ先に喋ってくれるのが工藤遥ちゃん。ライブ中もすごくがむしゃらで、エネルギッシュなところがピヴォっぽいんじゃないかと思います。

――確かに、ピヴォっぽいですね(笑)。

石田 さっき、私は自分のことをアラぽいと言いましたけど、そういう子はほかにもいて、牧野真莉愛ちゃん、森戸知沙希ちゃん。牧野真莉愛ちゃんは、すごく明るい性格で、どこにいても盛り上げてくれるのがアラに向いているのかなって。森戸知沙希ちゃんはまだ加入したばかりなので、それほど自分の色を出しているわけじゃないんですけど、何かをやりそうな雰囲気があります。

――フィクソはどうでしょうか? 全体のかじ取り役をしつつ、攻撃の時には上がって行ってゴールを決めることもあるポジションです。

石田 それなら、小田さくらちゃんかな。自分自身をいつも主張するわけじゃないんですけど、ソロパートが来た時には必ず魅せてくれる感じとかは、周りを支えつつも、やるときはやるところがあるので。

――後ろからチームを支えるゴレイロは?

石田 リーダーの譜久村聖さんは、周りからメンバーを支えてくれる、常に見ていてくださる、チームにいなくてはならない存在。そういう意味では、モーニング娘。17のゴレイロは間違いなく、譜久村さんだと思います!

――モーニング娘。17のフットサルチーム、ぜひ見たいです!
(後編に続く)

インタビュー・文:北健一郎(futsalEDGE編集長)
撮影:厚地健太郎

■プロフィール
石田亜佑美(いしだ・あゆみ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です