「ザ・スーサイド・スクワッド」はR15+指定に ジェームズ・ガン監督「最もぶっ飛んだ映画」(映画.com)

出典元:映画.com

「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」シリーズのジェームズ・ガン監督最新作「ザ・スーサイド・スクワッド “極”悪党、集結」が、日本では15歳以上が鑑賞できる「R15+指定作品」として上映されることが決定した。

【動画】「ザ・スーサイド・スクワッド」本予告

 本作は、全員終身刑の14人が減刑と引き換えに政府から極秘指令を受け、成功率0%のデス・ミッション=全世界の脅威となる「カイジュウ」計画の阻止に出動、それぞれが世界を救うため突き進む。映倫審査の結果、本編のバイオレンス描写による「R15+」指定となったが、限りなく「R18+」に近い刺激的な内容だという。

 ガン監督は「『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』では、ファミリー層を意識しました。でもこれはもう少し年上のティーンや大人たちが楽しめる作品」と語り、「これまでに作ってきたなかでも、作品の規模的にも最もぶっ飛んだ映画です」とコメントしている。

 あわせて、スーサイド・スクワッドのメンバーたちのバトルシーンを収めた場面写真が披露された。赤いドレスのハーレイ・クインや、爆食サメ人間キング・シャークが巨大な何かと戦っているシーンなどを切りとっている。

 「ザ・スーサイド・スクワッド “極”悪党、集結」は、8月13日から全国公開。

【広告】

SUNMEDICAL

【DelaFierte】



コメントは受け付けていません。