神谷浩史、「さよなら絶望先生」から約11年を経て「かくしごと」に挑んだ意味(映画.com)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:映画.com

久米田康治氏の人気漫画が原作のテレビアニメ「かくしごと」に新規カットを追加した、「劇場編集版 かくしごと ひめごとはなんですか」が7月9日に公開される。主人公・後藤可久士を演じたのは神谷浩史。「久米田康治作品で主演が神谷浩史」といえば、2007~09年に放送された「さよなら絶望先生」以来となるが、約11年ぶりの再タッグはどのようにして実現したのか。「かくしごと」は「久米田作品の集大成」と話す神谷に、久米田作品との縁や本作への思いを聞いた。(取材・文・写真/編集部)

 「月刊少年マガジン」(講談社刊)で2016~20年に連載された原作漫画「かくしごと」は、ちょっと下品な作品を連載している漫画家・後藤可久士が、愛する娘・姫に嫌われたくないあまり、自分の職業を隠そうと暴走するコメディ。劇場編集版は、20年4~6月に放送されたテレビアニメ版をベースに新規カットを追加し、姫の視点で物語が展開。テレビシリーズで語られなかった“もうひとつのラスト”が描かれる。

――原作漫画の印象はいかがでしたか。

 過去の久米田作品にも目を通してきましたが、「かくしごと」に関しては久米田先生の集大成のような作品だと感じました。

――どういった点から、そう思われたのでしょう?

 久米田作品は、シンプルな線で描かれているのに情報量が非常に多いんですね。わかりやすいところでいうと文字の情報量。それから、一見「日常もの」のようで、実は毒のある内容。シンプルな線で描かれたキャラクターなのに、「表で流れている感情」と「裏の感情」が感じとれるなど、非常に複雑なものをはらんでいます。

 また久米田先生が、ご自身の過去の作品を、否定しながらある意味全肯定しているような内容だとも思いました。これまで歩いてきた道のりをネタにしつつ、新しい日常系漫画の体で表現している。久米田イズムが充満しているけれど、それを今までと違うアプローチで表現していると感じました。

――集大成とまで感じた作品の主演に決まった時は、感慨深かったのでは? 出演の経緯はどういったものだったのでしょうか。

 うれしかったですよ。そもそも最初は、「かくしごと」の単行本のテレビCMで可久士の声をやったんです。テレビCMは、シャフトがアニメを作って、新房(昭之)さんがコンテをきって、演出を宮本(幸裕)さんがやるという座組でした。音響監督は亀山(俊樹)さんで、まさに「絶望先生」と同じ座組。そこから何年か経って「アニメ化します」と。でも「アニメーション制作会社は違います」「監督も新房さんではありません」「CMとはまったく違うところでアニメ化が動いています」と聞いたので、「じゃあそれは僕じゃなくてもいいや」と思ったところからのスタートでした。僕は、作品は監督のものだと考えているので、監督がどういうものを思い描いているかによると感じたんです。だからこそ、オーディションを受けてくださいと言われた時は「もちろん受けさせてください」と。そこで選んでいただけたら、すごく前向きにアプローチできる。別な人が選ばれたら、それはそれで仕方ないとも思っていました。

 ただ、ある種「絶望先生」の延長線上にある役どころだったので、もしこの役を任せてもらえるのであれば、絶対的な自信はありました。また、オーディションに受かってから「原作漫画の最後まで映像化します。原作と同時に終わらせることを目標にしています」と言われた時に、3期で終わってしまった「絶望先生」で果たせなかったことを、「かくしごと」でかなえることができるかもしれないと思い、ありがたかったです。

――結果的には、劇場編集版へと続くことになりましたね。

 久米田先生が最終回を描くのが1カ月遅れたので(笑)。計画通りにはなりませんでしたが、当初の予定通りいっていたら、もしかしたら劇場編集版はなかったかもしれません。今回、久米田康治先生の作品がすごく好きな人たちが集まりました。まず村野(佑太)監督が久米田作品をすごく好きで、僕も久米田作品が好きですし「絶望先生」をやってきたという自負もあります。そういった思いが良い形で組み合わさってアニメーションができて、久米田先生がアニメとは違うエンディングを用意する機会もできました。だからこそ劇場編集版というところまでたどりつけてるので、最初から最後までよかったなと感じています。

 (可久士役を)僕に決めてくださってすごくありがたかったし、コロナ禍の厳しい状況のなかで、村野監督はスタッフをひっぱって、あのクオリティで最後まで仕上げて、「かくしごと」を最後まで届けることができました。本当に、みんな久米田先生のことが好きなんだなと感じています。

――先ほど「さよなら絶望先生」の延長線上にあるとおっしゃってましたが、「絶望先生」出演時と比べて、作品やキャラクターとの向き合い方に変化はありましたか。

 「絶望先生」をやってる時は、かなり必死だったし、作品自体がひっそりと放送されていました。今でこそ深夜枠でアニメーションを放送するのは当たり前ですが、当時はけっこうマニアックだったというか。だから、現場は相当好き勝手やっていたと思います。今だったらコンプライアンスの問題がありますが、「絶望先生」の当時はあまりそうしたことがなかったので、よりソリッドに、より攻撃的に、より面白く、みたいなことを考えていたように思います。作品全体がそういったムードなので、僕自身も相当攻めてました。

 でも「かくしごと」はそういう作品ではなくて、攻めてる部分は攻めてるけれど「全然攻めてないですよ。攻撃的でもなんでもないですよ」という体を保っています。作品の性質がそもそも違うので、向き合い方はもちろん違うと思います。とはいえ僕は「さよなら絶望先生」という作品を経験させてもらっているので、その時の経験というものを生かした形でアプローチしたいと思っていました。

――どういったところに「さよなら絶望先生」での経験が生かされていると思われますか?

 先ほど話しましたが、「かくしごと」という作品は、久米田先生がこれまで描いてきた漫画を全否定しながら肯定している、過去があるからこそ成立する作品です。

――「かくしごと」は久米田先生の集大成だと感じた、という話ですね。

 そういった複雑な構造で成り立ってるので、「絶望先生」をやらせていただいた僕が「かくしごと」をやるというところまで含めて、最早、全方位でツッコミ待ちなんです。そもそも久米田先生ご自身が全てをネタとして消化できる度量をもっていらっしゃるので、僕も「そのバランスを成立させる力がありますよね」と言われているような気がして、「当たり前じゃないですか頑張りますよ」と応えたみたいな。そういった感じで、可久士という役は成立していてたんじゃないかと思います。

――神谷さんの久米田作品への思いの強さが伝わってきますが、「さよなら絶望先生」「かくしごと」と一緒に仕事をするなかで、久米田先生とどのような関係性を築いてきたのでしょうか。

 僕と久米田先生は、作品でしかつながってないので、先生のプライベートは全然知りません。でも作品を表現する、作品を通じて見える部分だけでつながっているからこそ、ちゃんとしなきゃと思っています。僕のプライベートや人間性を知ったうえで評価してもらっている場合は言い訳ができちゃうけど、そうじゃない。だからこそ、その信用は絶対に裏切っちゃいけないと思っています。

【広告】

あなたの切手、

あなたが満足する価格で買い取ります。

不要な切手の買い取りなら

がおすすめ。


コメントは受け付けていません。