ぺこぱ「ラジオ体操は自由なんだ」セリフ入りの松陰寺バージョンにアレンジ(お笑いナタリー)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:お笑いナタリー

本日7月7日、株式会社かんぽ生命保険による「健康応援アプリ『すこやかんぽ』『恋人・パートナーとワークアウト』イベント」が都内で開催され、ぺこぱがゲスト出演した。

【画像】ぺこぱ(他15件)

かんぽ生命は安心して健康に暮らせる社会の実現を目指して、健康増進サービスの提供などさまざまな取り組みを推進している。その1つが「パートナーと一緒に行う運動習慣」。イベント会場にぺこぱが登場し、かんぽ生命の取り組みをふまえて2人は健康のためにやっていることやリラックスできることなどを話した。ぺこぱ松陰寺がリラックスできるのは、自身の愛犬「のすけ」との散歩。シュウペイは「電車賃がかかるから仕事場から2人で歩いて帰った」と若手時代によく歩いたことを振り返り、松陰寺も「ライブ終わりに『今日はウケなかったな』と話しながら歩いた」とシュウペイとの思い出を語る。運動が好きというぺこぱだが、最近は多忙なこともあり2人ではあまり歩いていないという。

そこでステージ上に2台のウォーキングマシンが用意され、「のすけ」に見立てた犬のぬいぐるみがマシンに添えられる中、2人は並んでゆっくりと歩くことになった。マシン上でしばらく歩きながらトークを続け、「懐かしい。2人で歩いていた景色を思い出す」(シュウペイ)、「中野twlの帰り道かな」(松陰寺)と当時の光景を蘇らせるぺこぱ。やがて松陰寺は息切れしながらも「脳内が活性化される」と語り、シュウペイは「言葉を交わさなくても通じ合ってる」と話した。

このイベントで紹介された健康応援アプリ「すこやかんぽ」内に「いつでもどこでも『ラジオ体操』」という機能があることから、ぺこぱはウォーキング後、ラジオ体操にも臨んだ。号令をかけながら普通に体操をするシュウペイの横で、松陰寺はラジオ体操を大胆にアレンジ。1つひとつの運動に対応したセリフを「曲げて伸ばす。ほぐれるのはそう、心だ」「どこまで曲げることができるのか。人生はいつもチャレンジだ」「雑巾になったつもりでねじれて生きてみるのも、悪くないだろう」「夢や希望は、ちょっぴり背伸びをすることによって見えてくるんだ」と絶え間なく放っていく。

体操中に松陰寺が繰り出すポーズも普段のネタ披露時に近く、最後の深呼吸に至るまで本来のラジオ体操からはかけ離れたもの。シュウペイは「新しい形のラジオ体操ですね。“大ツッコミ”の人が欲しい。ここだけ違う世界になっていた」とやんわり松陰寺にツッコみつつ「相方との絆も深くなったのかな」と述べ、松陰寺は「ラジオ体操は自由なんだ。こういうアレンジを加えて、より楽しくなる。松陰寺バージョンも興味がある人はやってみて。ただツッコミは用意しておいたほうがいい」と訴えた。

【広告】 更年期?

《経典薬方》附桂八味丸

・膝や腰など関節に痛みがある方に
・排尿時における障害を感じる方に

膝、腰の痛みや弱み、排尿障害などの症状に。

コメントは受け付けていません。