北村匠海「東京リベンジャーズ」続編に意欲 「何度もリベンジを繰り返した」と封切りに感無量(映画.com)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

出典元:映画.com

累計発行部数2500万部を超える人気青春漫画を実写映画化した「東京リベンジャーズ」の公開記念舞台挨拶が7月10日、東京・新宿ピカデリーで行われた。コロナ禍の影響で2度の撮影中断を余儀なくされ、ついに封切りを迎えた本作。主人公・花垣武道/タケミチを演じる北村匠海は「何度もリベンジを繰り返した作品。今とても必要なメッセージが込められているので、心に残ってくれれば」と感無量の面持ちだった。

【フォトギャラリー】「東京リベンジャーズ」場面写真

 この日は客席100%稼働の舞台挨拶が実現し、「現実にタイムリープはできませんが、過去を変えて、未来を変えるタケミチの姿が、皆さんにとって勇気のひとつになれば。今はもんもんとした世の中で、僕らも同じ気持ち。エンタテインメントで皆さんの背中を押したい」と決意を新たにしていた。

 舞台挨拶には北村をはじめ、共演する山田裕貴(龍宮寺堅/ドラケン役)、今田美桜(橘日向/ヒナ役)、鈴木伸之(清水将貴/キヨマサ役)、眞栄田郷敦(三ツ谷隆/ミツヤ役)、清水尋也(半間修二/ハンマ役)、磯村勇斗(千堂敦/アッくん役)、間宮祥太朗(稀咲鉄太/キサキ役)、吉沢亮(佐野万次郎/マイキー役)が出席。「ようやくここまでたどり着けた。うれしくてたまりません」(山田)、「このシンプルな熱量が伝われば」(吉沢)とキャスト陣も“リベンジ”を果たした本作の公開に喜びを示した。

 敵対する役どころの間宮は「映画って伏線回収されるじゃないですか。我々の登場は、伏線だけで、種は撒きっぱなし(笑)。ちゃんと、暗躍の芽が出て、育ってほしいので、続編がないと」とアピール。この発言に、北村も「それは我々も同じ気持ち」とシリーズ化に意欲を燃やした。

 また、マイキーの名セリフである「ひよってるやついる?」が話題にあがると、当の吉沢は「今SNSとかで話題になってるみたいで、笑うシーンじゃないのに、違う見方をするお客さんもいる」と苦笑いを浮かべていた。

 どん底の生活を送るヘタレ男子のタケミチ(北村)が、不良高校生だった10年前にタイムリープ。人生唯一の彼女だったヒナの命を奪った最凶の組織「東京卍會」に潜入し、未来を変える“リベンジ”のため奮闘する。7月9日に全国350スクリーンで封切られた。

【広告】

SUNMEDICAL

【DelaFierte】



コメントは受け付けていません。