『ヴェノム』続編のストーリーを何ヶ月も練っていたトム・ハーディが本作の「原案」にクレジット!(IGN JAPAN)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

出典元:IGN JAPAN

『ヴェノム』に主演するトム・ハーディが続編のアイディアの模索に何ヶ月も費やし、その貢献ぶりに対して“原案”としてクレジットされることがわかった。
正式タイトルが決まった『Venom: Let There Be Carnage(原題)』は、2018年に公開された『ヴェノム』の続編となり、ハーディがエディ・ブロック役で続投する。続編へ向け、ハーディはストーリーのアイディアを練ることに何ヶ月も費やし、続編で彼は初めて長編映画の執筆クレジットを与えられることになった。

「『ヴェノム』続編」画像・動画ギャラリー

Empire Onlineのインタビューで、『ヴェノム』と続編で脚本を手掛けるケリー・マーセルが、「トムがクレジットを得るのは初めてですが、彼のストーリーへの関与は初めてではありません。彼は自分がすることすべてに100%コミットしています」と述べていた。
Empireは、マルセルとハーディの仕事上の関係は20年近く前にさかのぼると報じており、 マーセルはハーディについて、「単にペンを取って書き始めるタイプではない」と述べていたと報じている。そして、マーセルはハーディとFaceTimeでストーリーをまとめてアイディアを練り、何が上手くいって何が上手くいかなかったかを確認しながら、何ヶ月も費やしたとも明かしていたという。マーセルは、「それから、2人で話したことを私が書き出して、3ヶ月ほど静かに閉じこもって脚本に取り組みました」と付け加えている。

“脚本”のクレジットを得るのはマーセルだけだが、Empireは彼女とハーディの両方が“原案”にクレジットされると伝えている。Empireは、ハーディにとって長編映画で原案としてクレジットされるのは『Venom: Let There Be Carnage』が初になり、マーセルが「トムはヴェノムと結婚しているのも同然なので、彼が物語で起こるべきだと思うことは重要な要素になるのです」と語っていたと伝えている。
『Venom: Let There Be Carnage』は、2021年9月24日に全米公開の予定。そのリリースを待つ間に、監督を務めるアンディ・サーキスが、「『ヴェノム2』は特別な映画になる」とコメントしたインタビューや、ミシェル・ウィリアムズが続投すると伝えたニュースもチェックしておこう。

【広告】  漢方由来のヘアーケアー

防掉髪洗髪露(控油平衡配方)


・抜け毛や薄毛が気になる方に
・黒々と健康的な毛髪を維持したい方に
髪のphコントロールや、
頭皮のオイルバランスキープに役立つシャンプー

コメントは受け付けていません。