冴えない高校生が、辛口音楽ライターに大変身『ビルド・ア・ガール』公開(クランクイン!)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:クランクイン!

『ブリジット・ジョーンズの日記』シリーズのプロデューサーが製作を手掛ける女優のビーニー・フェルドスタイン主演最新作『How To Build A Girl(原題)』が、邦題を『ビルド・ア・ガール』として10月22日より公開されることが決定。ポスタービジュアルが解禁された。

【写真】卒業パーティーへ殴り込み! 爆走青春コメディー『ブックスマート』日本版予告

 オアシス、ブラー、プライマル・スクリーム、ハッピー・マンデーズ、マニック・ストリート・プリーチャーズといった人気バンドがUKロックシーンに旋風を巻き起こした90年代前半のイギリスが舞台の本作は、当時音楽批評家として活躍していたキャトリン・モランの半自伝的小説を映画化。90年代UKの音楽業界に単身で乗り込んだティーンの奮闘を描く青春エンパワーメントムービーだ。原作者のモランが脚本にも参加しており、当時のロック・ジャーナリズム業界の裏事情も垣間見ることができる作品となっている。

 1993年。イギリス郊外に家族7人で暮らすジョアンナは、底なしの想像力と文才に長けた16歳の高校生。だが学校では冴えない子扱い。そんな悶々とした日々を変えたい彼女は、大手音楽情報誌「D&ME」のライターに応募。単身で大都会ロンドンへ乗り込み、仕事を手に入れることに成功する。だが取材で出会ったロック・スターのジョンに夢中になってしまい、冷静な記事を書けずに大失敗。編集部のアドバイスにより“嫌われ者”の辛口批評家として再び音楽業界に返り咲く。過激な毒舌記事を書きまくる“ドリー・ワイルド”へと変身した彼女の人気は爆発するが、徐々に自分の心を見失っていき…。

 冴えない高校生から辛口音楽ライター“ドリー・ワイルド”へと大変身する主人公ジョアンナを演じるのは、『ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー』や『レディ・バード』での名演技で強烈な印象を残した新星ビーニー・フェルドスタイン。劣等感もパワーに変えて、自らの力で未来を切り開くヒロインを魅力たっぷりに熱演する。

 そんな彼女が初めて恋をするロック・スターのジョン・カイトを演じるのは、ドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』のシオン・グレイジョイ役で注目を集めたアルフィー・アレン。ミステリアスな雰囲気と大人の包容力を備えた、ヒロインに寄り添う紳士を好演する。さらに主人公の人生を動かす重要な役どころで、オスカー女優のエマ・トンプソンが登場する。

 ポスタービジュアルは、髪を真っ赤に染め辛口音楽ライター“ドリー・ワイルド”として大変身したジョアンナが、ジョン・カイトやタイプライターなど彼女の大好きなモノに囲まれイキイキとしている姿を切り取ったもの。その横には「わたしはわたし。がむしゃらに輝け!」というコピーが添えられている。「何かが起こるのを待っていても人生は変わらない!」と、勇気を出して初めての世界へ一歩踏み出したジョアンナ。数々の失敗を経験しても“いま”のジブンをフル活用しがむしゃらに突き進むその姿には、スクリーンを通して勇気をもらえるはずだ。

 映画『ビルド・ア・ガール』は10月22日より全国公開。

【広告】

プロアスリートも愛用


コメントは受け付けていません。