森川智之&甲斐田裕子、『バイオハザード』映像の進化に「実写のつもりでやっている」(クランクイン!)

出典元:クランクイン!

日本が世界に誇るサバイバルホラーゲームの金字塔『バイオハザード』シリーズ。その人気はゲームだけにとどまらず、実写映画をはじめ、これまで数多くの映像作品を生み出してきた。そして、シリーズ初となる連続 CG ドラマ『バイオハザード:インフィニット ダークネス』が、Netflixにて全世界独占配信中だ。最新作では、シリーズ屈指の人気キャラクターレオン・S・ケネディと、クレア・レッドフィールドの2人が登場。世界を股にかけ、生物兵器を巡る陰謀に立ち向かう姿が描かれる。日本語吹き替え版でレオン、クレアを担当するのは、森川智之、甲斐田裕子というおなじみの2人。長年演じ続けているレオンとクレアの役作りから、吹き替え声優として長く最前線で活躍しつづける2人ならではの決意まで、終始和やかな掛け合いで語ってくれた。

【写真】森川智之&甲斐田裕子、ソロショットも!

●進化し続ける映像表現に負けない演技を

――森川さんは2012年から、そして甲斐田さんは2008年からレオンとクレアを演じてこられました。今回の『バイオハザード:インフィニット ダークネス』(以下『インフィニット ダークネス』)の映像は、もはや実写のようなクオリティにまで達していますね。

森川:ゲームも映画も、毎回「CGもついにここまできたか」と思っていて、「もうこれ以上はないよな」と思っていたら、またそれを超えてリアルになってくる。進歩に驚きもあるんですが、同時に恐怖でもあるんですよ。映像に負けないようにお芝居をしていかなきゃいけない。

甲斐田:今回クレアを演じるにあたって、2008年のCG映画『バイオハザード:ディジェネレーション』(以下『ディジェネ』)をかなり見直したんです。もう13年経っているんですが、今でも普通に見れるクオリティだなと。でも実際に今回の映像を見ると実写映画と見まがうというか、もはやCGを吹き替えていると思ってやってないんですよね。キャラクターの表情なんかもどんどん繊細になっているので、その分、私たち演じる側もそれを拾っていかなきゃいけない。

森川:もう実写のつもりでやってるよね。その場でひとりの人間が息づいている感覚。役者さんが演じているのと同じなんです。だから台本に書かれているものだけでなく、こちらもしっかり気持ちを作らなきゃいけない。だから精神的にも体力的にもかなり疲れますけど(笑)。

甲斐田:ホントそうです。キャラクターの息遣いは特に気を遣っていますね。

●「クレアはずっとクレアのまま」 長年演じ続ける役柄への印象

――レオンとクレアは、もはやファンから見ても実在の俳優と同じような感覚があります。長年活躍していて、まるで主演作が何本もある人気俳優のような。彼らの印象について、最初に演じてから変わったりしていますか?

甲斐田:クレアはずっとクレアのままですね。彼女自身の芯の部分はいつも変わらなくて、慈愛に満ちていて、母性があって。そして悪に対しては力強く反発して、弱いものを守る。そういう部分はまったく変わらない。でも、顔の作りは変わっている時があって、『バイオハザード:RE2』(2016年発売のゲーム:以下『RE2』)の時は、こんな顔になったんだ! と驚きがありましたね(笑)。でも今回は、いつものクレアだなと思いました。

森川:クレアは意外に「おっ! 変わった!」っていうとこあるよね。その辺の裏側を知りたいよね。毎回、顔の雰囲気が少し違う(笑)。レオンはあまり変わらない方だけど、男としての人生の遍歴の中で、顔が変わっていくというか。僕はそういう感覚で受け入れていますね。

●シリーズ特有の異なる時間軸の中での役作り

――ゲームも映画もそうですが、このシリーズは毎回作品ごとに描かれる時代が異なります。今回の『インフィニット ダークネス』は2009年が舞台ですが、お2人が直近で演じられた『RE2』はそのもっと前の1998年が舞台でした。異なる時間軸を演じ分けなければいけないわけですが、そこはかなり意識しながら役作りされるのでしょうか?

甲斐田:はい。かなり(笑)。

森川:そこが一番大変なところですね。毎回、時間をかけて擦り合わせます。収録スタジオに入って、「今回どんな感じ?」って監督やスタッフとディスカッションして、それで、「今回は、こことここの、この間の話ですね」といった具合に。

甲斐田:今回は『ディジェネ』の1年後という設定ですが、『ディジェネ』は13年前の作品なので、私自身としては、13年経っているわけです。でもクレア的には1年しか経っていない。なので、そこへ戻る作業が必要でした。そういう意味では、今作の前にゲームの『RE2』があったことは助かりましたね。あの時は、かなり苦労して1998年のクレアに戻したので、あの時に比べれば今回は楽でした。

ゲームで言えば、今作は2015年の『バイオハザード:リベレーションズ2』に近いと思います。改めて聞いてみると、あれが私の素のやりやすいトーンでクレアをやっているなと。なので、あそこよりはまだ少し20代の初々しさがあるのかなと思いながら作っていきました。

【広告】  漢方由来のヘアーケアー

美髪素


・白髪や抜け毛が気になりだした方に
・黒く艶やかで美しい毛髪にしたい方に

明朝時代の処方を基に作られた漢方薬です。

コメントは受け付けていません。