末期がん宣告に揺れる夫婦と親友の実話 傑作エッセイを映画化した「Our Friend」10月15日公開(映画.com)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:映画.com

ケイシー・アフレック、ダコタ・ジョンソン、ジェイソン・シーゲルが共演し、全米雑誌大賞を受賞したエッセイを映画化する「アワー・フレンド(原題)」が、「Our Friend アワー・フレンド」の邦題で、10月15日に公開されることがわかった。妻への末期がん宣告、2年にわたる闘病生活と向き合う夫婦と、ふたりを支えた親友の心揺さぶる物語を紡ぐ。

【動画】「Our Friend アワー・フレンド」予告編

 仕事に打ちこむジャーナリストのマット・ティーグと、妻で舞台女優のニコルは、ふたりの幼い娘とともに幸せな日々を送っていた。しかし、ニコルが末期ガンの宣告を受けた日から、一家の生活は一変する。妻の介護と子育ての負担が、日に日に重くのしかかるマット。そんな彼に救いの手を差し伸べたのは、長年支え合ってきた夫婦の親友デインだった。彼もまた、人生に絶望し、マットとニコルに救われた過去を持っていた。デインは、はるばるニューオリンズからアラバマ州の田舎町フェアホープまで車を走らせ、ティーグ家を住みこみでサポートすることになる。

 原作は、マシュー(マット)・ティーグが自身の経験を綴り 2015 年に「Esquire」誌に掲載された「The Friend: Love Is Not a Big Enough Word」。「マンチェスター・バイ・ザ・シー」で第89回アカデミー賞主演男優賞を受賞したアフレックがマット、「フィフティ・シェイズ」シリーズで注目を浴びたジョンソンがニコル、「ザ・マペッツ」のシーゲルがデインを演じる。水族館のシャチとショービジネスを描いたドキュメンタリー映画「BLACKFISH」で14年の英国アカデミー賞ノミネートを果たしたガブリエラ・カウパースウェイト監督がメガホンをとった。

 予告編では、ニコルの余命宣告で変化する生活と、変わらない3人の関係が切り取られる。その親密さは、ニコルが「(マットとデインは)夫婦かと思うくらい仲がいいの」と語るほど。また突飛でユーモア溢れるニコルのバケットリスト(死ぬまでにやりたいことリスト)に、マットとデインが顔を見合わせる、クスリとする場面も。そんなかけがえのない日々が、自然豊かなフェアホープの風景とともに切り取られ、互いに支え合う彼らの姿が印象的な映像が完成した。ポスターには3人の表情に、「人生はフェアじゃない。だけど美しい。」というコピーが添えられている。

 「Our Friend アワー・フレンド」は、10月15日に東京・新宿ピカデリー、シネスイッチ銀座ほか全国で順次公開。

【広告】

 ZAFUL





ZAFULは欧米を中心に

レディースファストファッションを

提供しているサイトです。

コメントは受け付けていません。