ボストンでヴァンパイアとして生きるADV『ヴァンパイア:ザ・マスカレード スワンソング』が日本でも2022年2月に発売!(IGN JAPAN)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:IGN JAPAN

DMM GAMESは日本語版『ヴァンパイア:ザ・マスカレード スワンソング』を2022年2月に発売する。プラットフォームはPS4/PS5/Xbox One/Xbox Series X/Nintendo Switchで、価格は未定。日本向けの公式サイトもオープンしている。
本作は海外においてはフランスのパブリッシャーであるNaconが販売する。海外ではPC版も登場予定で、Epic Gamesストアの販売ページを見ると対応言語欄に「日本語」があるのが確認できる。

『ヴァンパイア:ザ・マスカレード スワンソング』はボストンを舞台に、もしもヴァンパイアが実在したらという世界観で展開するアドベンチャーゲーム。「ヴァンパイア:ザ・マスカレード」とは90年代からあるテーブルトークRPGのことで、本作もそれを題材にしている。本作ではさまざまな選択肢によってストーリーが分岐するため、公式ジャンルは「オープンシナリオ・アドベンチャーゲーム」になっている。原作や世界観、シリーズの歴史についてはこちらの記事もチェックしてみてほしい。
本作で主人公となるのは、100年以上生きてきた3人のヴァンパイアだ。「ヴァンパイア:ザ・マスカレード」の世界ではヴァンパイアは人間から隠れて暮らしており、さまざまな派閥が存在する。今回のゲームではヴァンパイアの派閥「カマリリャ」の新しい公子で、「白鳥」とも呼ばれるヘイゼル・アイバーセンがストーリーのカギになるようだ。アイバーセンはヴァンパイアの存在を人間に知られないために作られた掟(マスカレード)を遵守することを決意するが、計画は破綻してしまう。3人の主人公はこの勢力争いに巻き込まれていくことになる。

ゲームプレイにおいても、3人の主人公が存在することが活かされる模様。3人は氏族や所持している能力が異なるが、最終的な判断はプレイヤー次第となる。ヴァンパイアたちはミッションやほかのキャラクターとの交流などをおこなっていくことになるが、プレイヤーの行動によって結果が変わってくるそうだ。
現在では3人の主人公のうち、2人の主人公の紹介動画が公開されている。上記はレイシャ、下記はガレブの紹介動画だ。3人目の主人公の情報については後日公開されるようなので、楽しみに待っていよう。

【広告】

最大55,000円も

お得!





コメントは受け付けていません。