有村架純&柳楽優弥、三浦春馬さんとの共演シーン回顧「手を握らせてもらった」(クランクイン!)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:クランクイン!

女優の有村架純が7日、都内で実施された『映画 太陽の子』の完成披露試写会舞台あいさつに柳楽優弥、國村隼、黒崎博監督と共に登壇。共演した俳優・三浦春馬さんとの共演シーンを回顧した。

【写真】三浦春馬さんとの思い出を語る有村架純&柳楽優弥、全身ショット

 本作は日米合作のプロジェクトにして、太平洋戦争末期に実在した「F研究」と呼ばれる“日本の原爆開発”をもとにした青春グラフィティ。時代に振り回されながらも全力で駆け抜けた若者たちの等身大の姿を描く。

 実験に没頭する科学者・石村修を演じた柳楽は「僕や架純ちゃんとか春馬くんとか、30前後の俳優がしっかりしたテーマの作品に参加して、皆に伝えていくのは意味のあることだったかなと思う。最高の時間でした」と回想。

 好きなシーンは、有村や三浦さんと撮影した海のシーン。「日の関係だったり海に入ったりするので『1テイクじゃないとダメだ』という緊張感があった」としたうえで、「すごくいいシーンになったのは、やっぱりあのいい緊張感があったからだ、と達成感が残っている。春馬くんとは、10代前半からオーディションする仲だった。戦友やライバルのような関係で、今回は兄弟の関係で関わらせてもらった。春馬くんがこの作品に愛を持って参加してくれたように、僕自身、春馬くんをこれからもずっと愛して、大切にしていきたい。そう思える大切なシーンです」と笑顔を見せた。

 石村の幼なじみ・朝倉世津役の有村は「柳楽さんも春馬さんも1度お仕事したことがあったので、自然と幼なじみという関係性ができていた。作品は戦時下という厳しい環境でしたが、撮影の合間はすごく笑顔が多かった。その中で一緒に関係性を作り上げてきた」と述懐。

 三浦さんとの共演シーンについては、「縁側で未来について語り合うシーンがあった。あそこは裕之(三浦さん)が戦地に戻る前夜ということで、もしかしたら3人で会える最後の夜かもしれないという切ないシーンだった。少しの未来に対する思い、望みが詰まったシーンになったかな、と。台本にはなかったけど、戦地に送り出される裕之に対して、そして未来を作ろうとしている修に対して、何か言葉じゃないもので伝えたいと思って2人の手を握らせてもらった。言葉じゃない、人間の温もりがあのシーンで伝わればと思って、黒崎さんに提案して作れたシーン。3人の空気感はとても穏やかでほほえましいシーンになって良かった」と振り返った。

 『映画 太陽の子』は、8月6日より全国公開。

【広告】 更年期?

《経典薬方》知柏八味丸

<

・眠れない、やる気が出ないとお悩みの方に
・ストレスが溜まっていると感じる方に

貧血や動悸、睡眠不足、記憶力の低下、倦怠感、     肌の乾燥などに

コメントは受け付けていません。