映画「ロボコップ」が原作のFPS『RoboCop: Rogue City』が発表!マーフィになって犯罪都市デトロイトを守れ(IGN JAPAN)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:IGN JAPAN

映画「ロボコップ」をテーマにしたFPS『RoboCop: Rogue City』が海外向けに発表された。発売は2023年を予定し、家庭用ゲーム機/PCでリリースされる。PC版はSteamのストアページが開設されているが、記事執筆時点で日本語対応のマークは確認できない。
本作はフランスのパブリッシャーであるNaconが販売し、ポーランドのTeyonが開発する作品だ。本作はNaconのオンライン発表会である「Nacon Connect 2021」において、トリとして発表された。

『RoboCop: Rogue City』は80年代から始まった映画シリーズ「ロボコップ」が原作の、デトロイトを舞台に戦うFPSだ。公開されたのはティザートレーラーであり、ゲーム内容については現時点ではほとんどわかっていない。
トレーラー、Naconのプレスリリース、Steamのストアページからはその内容が少しだけわかる。プレスリリースによると、本作はアレックス・マーフィとなって戦うFPSになるようだ。アレックス・マーフィはサイボーグ警官のロボコップの正体である。顔までは描かれていないが、トレーラーの最後に登場する人物だ。どうやらオリジナルストーリーが描かれる作品になるようで、デトロイトの町を守るのが目的になる模様。
Steamのストアページからは、ロボコップ専用の拳銃であるオート9がゲームに登場するとわかる。また、「下された命令をどうこなすかは自分次第」と書いてあるほか「選択型進行」のタグもあるので、ストーリーの分岐や展開にこだわりのある作品になっていそうだ。開発を務めるのは『Terminator: Resistance』で知られるTeyonとなる。こちらも映画が原作のFPSということで、過去作の経験が最新作でも活かされているかもしれない。

【広告】

女性用ふんどしショーツ

女性のキレイは【睡眠中のふんどし】が作るらしい!? 

「解放感が心地よくて、もう普通の下着に戻れない。」

という声が続出! 人気の秘密は?

↓  ↓  ↓



コメントは受け付けていません。