前作から2年…感動再び!広瀬すず「ちはやふる」完結編、映像初披露&公開日決定(映画.com)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

[映画.com ニュース] 末次由紀氏の人気少女漫画を新たに実写映画化する「ちはやふる 結び」の公開日が2018年3月17日に決まり、あわせて特報映像が初披露された。競技かるたに青春を捧げる千早(広瀬)らが続々と登場するほか、原作の重要キャラである史上最強の名人・周防(賀来賢人)も初お目見えしている。

 観客動員200万人を超えるヒットを記録した前作「ちはやふる 上の句」「ちはやふる 下の句」の公開から約2年、広瀬や小泉徳宏監督ら主要キャスト・スタッフが再結集し完結編を紡ぐ。物語も前作から2年後を舞台とし、高校3年生となった千早、太一(野村周平)、新(新田真剣佑)、そしてライバルたちの成長を描き出す。

 映像では、おなじみの瑞沢高校競技かるた部の面々(上白石萌音&矢本悠馬&森永悠希)や、クイーン・若宮(松岡茉優)の姿も。さらに今作で初登場の新入部員・菫(優希美青)と筑波(佐野勇斗)、映画オリジナルキャラである現準クイーン・伊織(清原果耶)も登場し、かるたに情熱を注ぐ高校生たちの友情、恋愛、成長、卒業、未来が示唆されていく。一方で、瑞沢高校競技かるた部を部長としてけん引してきた太一が「もうこれ以上、やれない」と言い残して去っていき、立ち尽くす千早が涙を流す様子で締めくくられており、波乱の展開にも期待が高まる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です