カンヌ映画祭オープニング作 レオス・カラックス×スパークス「アネット」サントラ配信開始(映画.com)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:映画.com

7月6日(現地時間)に開幕の第74回カンヌ国際映画祭でオープニング上映されるフランスの鬼才レオス・カラックス監督最新作「アネット(原題)」のオリジナル・サウンドトラックの配信が始まった。

 音楽とオリジナル・ストーリーをアメリカのアート・ポップ・デュオ、スパークスが手掛けた全編ミュージカル仕立ての物語。主演のアダム・ドライバー、マリオン・コティヤール、サイモン・ヘルバーグらキャストの歌唱を収録している。歌詞はスパークスとレオス・カラックス共同で書かれ、スパークスは演奏とプロデュースにクレジットされている。

 スパークスはロンとラッセルのメイル兄弟によって結成され、1969年ロサンゼルスで活動をスタート。半世紀に及ぶ活動期間の中で25枚のアルバムをリリースしており、カルト的な人気を誇る。当初「アネット」は、スパークスのオリジナル・スタジオ・アルバムとして構想されたが、2013年のカンヌ国際映画祭後にカラックス監督との出会いがあり、本プロジェクトは映画化に向けて動き出した。

 「カラックスとカンヌでミーティングした時、僕たちは彼の中に我々とすごく近いものを感じたんだ。何の期待もなくカラックスに我々スパークスを知ってもらうためにも『アネット』を彼に送るしかないと思った。そうしたら驚くなかれ、彼はアルバムを気に入ってくれ、次のプロジェクトとして検討しようと言ってくれたんだ。この予期せぬ嬉しいサプライズは最高にハッピーな瞬間だった。カラックス作品のファンとして、彼が僕らの作品を監督してくれるなんて、夢が叶う以上の喜びだった」とスパークスはコメントしている。

 カラックス監督は「スパークスを知ったのは、確か14歳頃だったと思う。パリのデファンス地区にある店で彼らのアルバム『プロパガンダ』(74)を手に入れた。ジャケットのビジュアルに惹かれたんだ。それからほどなくしてパリのオランピア劇場で彼らのライヴを見た。『プロパガンダ』とその次の『インディスクリート』の2枚はもう自分の人生の一部と言っていい。彼らの曲は自分が知る限り最も喜びに溢れている(もちろん、辛辣なところもあるが)。自分にとってのスパークスの音楽というのは、子供の頃の家であり、嫌な思い出が一切ない。彼らがいなかったら、映画の道に進んで以来自分がずっと夢見ていた“音楽の映画”をつくることはなかったと思う」と作品への思い入れを語っている。

 「アネット/ANNETTE」オリジナル・サウンドトラックは、デジタル配信中(https://sonymusicjapan.lnk.to/AnnetteOST )。

【広告】

何か新しい事に

チャレンジしてみたら?

週末を利用して体験旅行はどうですか?

新しい趣味が見つかるかも。

旅行先での遊び や、

週末の おでかけ 先をお探しなら

日本最大級のレジャー総合情報サイト

にお任せ。

↓   ↓   ↓



コメントは受け付けていません。