ブギーマンが業火の中から生還!恐怖再び!「ハロウィン KILLS」10月公開(映画.com)

出典元:映画.com

ジョン・カーペンター監督による名作ホラー「ハロウィン(1978)」の40年後を描く「ハロウィン」(18)の続編「HALLOWEEN KILLS」が、「ハロウィン KILLS」の邦題で10月に公開されることが決定した。

 1978年、ホラー映画の鬼才ジョン・カーペンター監督が生み出した「ハロウィン(1978)」は後世に語り継がれるホラーアイコン“ブギーマン”と恐怖を煽る象徴的な音楽で全米を震撼させ、32万5000ドルの製作費で4700万ドルの興行収入を記録。世界的に脚光を浴び、以降のホラー映画に多大な影響を与えた。そして2018年、40年ぶりにオリジナルの続編として「ハロウィン」が公開。こちらも世界興行収入250億円を超える大ヒットとなった。

 「ハロウィン KILLS」は、葬られたと思われたブギーマンが業火の中から生還。再びハドンフィールドの街を“進化した恐怖”で覆いつくす。

 主役のローリー・ストロードを1978年に同役を務めたジェイミー・リー・カーティスが続投。ローリーの娘カレン役をジュディ・グリア、孫のアリソン役をアンディ・マティチャックが務める。オリジナルの「ハロウィン」生みの親である鬼才ジョン・カーペンターが製作総指揮、音楽を担当、「透明人間」を製作したジェイソン・ブラム率いるブラムハウス・プロダクションズとともに現代の恐怖をブギーマンに投影する。監督も前作「ハロウィン」に引き続きデビッド・ゴードン・グリーンが務める。

 「ハロウィン KILLS」は、10月にTOHOシネマズ日比谷ほか全国公開。

【広告】 更年期?

《経典薬方》全鹿滋腎丸

<

・体のだるさ、痛みを感じる方に
・眠りが浅い、眠れないと悩んでいる方に

腰や膝を始めとする身体機能の衰えやだるさ、      睡眠の質などの改善に

コメントは受け付けていません。