『ブラック・ウィドウ』のアクションが「さらにリアル」に「より生々しく」なるよう、ケヴィン・ファイギが監督に要求(IGN JAPAN)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

出典元:IGN JAPAN

『ブラック・ウィドウ』の監督によると、アクションを「さらにリアル」に「より生々しく」するよう、ケヴィン・ファイギが要求したという。
Varietyのインタビューで、『ブラック・ウィドウ』のケイト・ショートランド監督が、映画と特に劇中で展開されているアクションについて語った。監督によると、ファイギが撮影で彼女の様子を見るやいなや、もっとアクションを激しくするよう促したと明かしている。

「ブラック・ウィドウ」画像・動画ギャラリー

ショートランドはファイギにアクションをさらにリアルに、より生々しくするよう言われたと述べ、「彼が私の様子を見るやいなや、さらに私の背中を押したんです。そういったところが、彼が素晴らしいプロデューサーである理由だと思います。彼は監督が生み出そうとするものを見て、もっと率直に表現するよう励ましてくれるからです」と語っていた。
そのインタビューによると、ショートランドは“ナターシャの世界観の生々しさを強化する”ために、『ブラック・ウィドウ』のアクションを激しくしたと明かしている。監督によると、最初にマーベルは彼女のアプローチに確信がもてなかったという。
ショートランドは、「観客に楽しんでもらいたいので微妙なところですが、同時に、戦闘シーンで観客が何を期待すべきかわかっているので出し惜しみもしたくありません。なので、少しアクションを激しくするためにがんばらなければなりませんでした」 とも付け加えていた。

『ブラック・ウィドウ』は、MCUでスカーレット・ヨハンソン演じるブラック・ウィドウことナターシャ・ロマノフの初の単独映画となり、『アベンジャーズ/エンドゲーム』で起きた出来事の少し前の時代が舞台となる前日譚だ。日本における劇場公開は2021年7月8日で、Disney+でも月額料金に加えて追加料金として3278円(税込)を支払うと、7月9日から視聴可能だ。

【広告】

娘が弾いていたピアノ。

私が弾けたらなー・・・

お任せください。



コメントは受け付けていません。