『CONTROL』のスピンオフとなる4人協力プレイゲーム「Condor」が発表!奇妙な共通体験ができる作品になるかも(IGN JAPAN)

出典元:IGN JAPAN

Remedy Entertainmentは『CONTROL』のスピンオフとなる協力プレイゲーム「Condor」を発表した。この名称はコードネームかつ、プロジェクト名の模様。「Condor」は仮のタイトルになっていると思われる。Remedyの公式企業サイトによると、「Condor」はPS5/Xbox Series X/PCでのリリースを予定。ジャンルは4人協力プレイのPvEゲームになるようだ。
なお、この情報はデベロッパーのRemedyが、パブリッシャーの505 Gamesと共同パブリッシング・開発契約を結んだことをアナウンスするなかで明らかになったものである。

「CONTROL」画像・動画ギャラリー

『CONTROL』は超能力で戦うシングルプレイのアクションアドベンチャーで、先日にはPC版がEpic Gamesストアで無料配布されていた。Remedyは『Alan Wake』や『Quantum Break』といったストーリー重視で評価の高いシングルプレイゲームで有名だったが、ここ最近はマルチプレイゲームについての取り組みも見せている。2021年5月の時点で、『CONTROL』と『Alan Wake』ユニバースが舞台のプロジェクトが2本あるとされていたが、そのうちの1本が「Condor」だったと考えられる。

発表では『CONTROL』フランチャイズのゲームディレクターであるMikael Kasurinenによって、ファンへの感謝が書かれている(本作はIGN USでGOTY2019に選ばれるなど高評価)。そして、氏が90年代に初代『DOOM』の協力プレイを遊んでいた思い出や、『Max Payne 2』の開発中に社内で『バトルフィールド1942』を遊んでいた思い出について語られている。
氏は今までシングルプレイ体験にフォーカスしてゲームを開発してきたが、ゲームにはほかの人と体験を共有するソーシャルな側面もあるとのこと。マルチプレイには懐疑的な見方もあるだろうが、Remedy作品のユニークなDNAや伝えたいストーリーを損なうことなく、共通体験を生み出せると信じていると語られている。開発は2018年の発表でもあった通り、社内の小規模チームのVanguardがおこなうようだ。
昨今、新型コロナウイルスの影響によって、ワイワイ遊べるマルチプレイゲームが世界的にヒットしている。今回の発表でも、新型コロナウイルスの影響のなか『CONTROL』が生活に興奮と奇妙さをもたらしたと信じていると書いてある。Remedyによって、今までのゲームとは一味違う、世にも奇妙な共通体験ができるようになるかもしれない。

【広告】

【ファイテン公式】




コメントは受け付けていません。