テーマは“恋”、エリア51が「かもめ」を再解釈する「女 ME」開幕(ステージナタリー)

出典元:ステージナタリー

アートチーム・エリア51による「KAMOME『女 ME』」が、昨日7月1日に東京・Cafe Hammockで開幕した。

【画像】エリア51「KAMOME『女 ME』」より。(他4件)

昨年始動した「KAMOME」プロジェクトは、アントン・チェーホフ「かもめ」を現代日本に置き換えて、3つの要素を中心に物語を再解釈し、上演するシリーズ。“恋”をテーマにした第3弾「女 ME」では、三鷹のとあるカフェを舞台に、人々の出会いと恋模様が描かれる。

神保治暉が作・演出を手がける本作には、高田歩、門田宗大、原雄次郎、ボブ鈴木、土屋いくみ、植木広子、福田周平、山崎まりあが出演。公演は7日まで行われ、3日と4日の18:00開演回はInstagramでライブ配信される。

■ エリア51「KAMOME『女 ME』」
2021年7月1日(木)~7日(水)
東京都 Cafe Hammock

原案:アントン・チェーホフ「かもめ」
作・演出:神保治暉
出演:高田歩、門田宗大、原雄次郎、ボブ鈴木、土屋いくみ、植木広子、福田周平、山崎まりあ

コメントは受け付けていません。