ベンダース初の仏語映画「アランフエスの麗しき日々」ルー・リードが流れる予告編(映画.com)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

[映画.com ニュース]ビム・ベンダース監督の最新作で、「ベルリン・天使の詩」以来となる盟友ペーター・ハントケとの5本目のコラボレーション作品「アランフエスの麗しき日々」の予告編が公開された。

【動画】「アランフエスの麗しき日々」予告編

 第73回ベネチア映画祭コンペティション部門出品作で、ベンダース監督にとって初のフランス語映画。原作は、ヨーロッパを代表する作家のひとりのハントケによって、フランス語で書かれた戯曲「アランフエスの麗しき日々夏のダイクアローグ」。「3枚のアメリカのLP」「ゴールキーパーの不安」「まわり道」「ベルリン・天使の歌」に続く、ベンダース監督との5度目のコラボレーション作で、ベンダースが「生涯で初めて100%自分の思いのままに撮り上げた映画」と語る自信作だ。庭の木陰に置かれたテーブルをはさんで座る一組の男女による、性的体験、子供時代の思い出、それぞれの記憶、夏の本質、男と女の違いについての長い対話を映し出す。

 主演は、レダ・カテブと、ソフィー・セミン。また、映画のオリジナルキャストである作家役をイェンス・ハルツが演じ、ミュージシャンのニック・ケイブがゲスト出演している。ルー・リードの「パーフェクト・デイ」、ニック・ケイブによる「イントゥ・マイ・アームズ」の弾き語り、ガス・ブラックの「ザ・ワールド・イズ・オン・ファイアー」が劇中歌として用いられている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です