生田斗真、等身大の役に大切なのは「自分がどう生きてきたか」(シネマトゥデイ)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

『僕等がいた』シリーズ以来のタッグとなる三木孝浩監督×生田斗真による映画『先生! 、、、好きになってもいいですか?』。本作で主演を務めた生田は、自身にとって久しぶりの“等身大のキャラクター”を演じているが、生田はそうした役に挑むとき、自分自身が「どういう生き方をしてきたか」を振り返るのだという。

【場面写真】かわいすぎ!広瀬すずのウエディングドレス姿

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です