イヴァナ・トランプの「私がファーストレディ」発言にファーストレディが激怒(ELLE ONLINE)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

今週初め、自分の本を宣伝するためにテレビ番組「グッドモーニング・アメリカ」に出演したイヴァナ・トランプ。今でも2週間に1度はドナルド・トランプ大統領に電話をしていることを明かしつつ「本当は彼に電話はしたくないの。メラニアがいるから」。さらに「嫉妬とかそういうものを引き起こすのは嫌よ。私はトランプのファーストワイフ(最初の妻)よ。いい、私が最初のレディ、ファーストレディなのよ」「メラニアにとってワシントンでの生活は最悪だと思うわ」とも!

【写真】メラニア大統領夫人はモードの国・フランスで受け入れられたか?外交スタイルを振り返り

これにメラニア・トランプ夫人がすぐに反応。その日のうちにスポークスパーソンを通じて声明を発表、「メラニア夫人はワシントンでの生活を愛し、アメリカのファーストレディとしての役割を名誉に思っています。彼女はこの立場を、子どもたちを助けるために生かしたいと思っています。本を売るためには使いません」とイヴァナに対してイヤミで応酬!

「元妻からの発言は意味のないものです。ただの注目集めであり、利益を得るための騒音です」とスポークスパーソン。メラニア夫人が面白くないと思うのもわかるものの、元妻を相手にキャットファイトを繰り広げるのもファーストレディとして大人げないのでは? という声も。一言多いタイプのイヴァナがこれにどう反応するのか、要注目。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です