ドラマ版『ナショナル・トレジャー』がDisney+での配信にゴーサイン!(IGN JAPAN)

出典元:IGN JAPAN

昨年、制作中である可能性が示唆されていたドラマ版『ナショナル・トレジャー』がDisney+での配信にゴーサインが出たと報じられている。
Deadlineの報告によると、配信サービス側は全10話のドラマを指示したという。「ナショナル・トレジャー」シリーズのプロデューサー、ジェリー・ブラッカイマーと映画版でライターを務めたマリアンヌ・ウィバーリーとコーマック・ウィバーリーがプロジェクトに参加したと報じられている。「ナショナル・トレジャー」シリーズに携わっていた他のライターも加わることが予想される。

「National Treasure: TV Series」画像・動画ギャラリー

報告によると、本ドラマでは「アイデンティティ、コミュニティ、歴史的根源、愛国心といった時代に合った問題が、ジェス・モラレスの視点から語られる」ようだ。このラテン系の女性ジェス・モラレスがシリーズの新たな主人公となるが、誰が演じるかはまだ明かされていない。
ニコラス・ケイジ演じるベン・ゲイツはドラマではメインキャラクターではなく、その代わりにモラレス率いる新キャラクターに焦点が当たる。
昨年、ブラッカイマーはドラマ版『ナショナル・トレジャー』ではキャストを一新して制作に当たっていると発表し、「Disney+では元のシリーズよりかなり若い俳優を起用します。同じコンセプトですが、若いキャストです」と述べていた。
待望の映画『ナショナル・トレジャー』3作目は現在制作中だ。昨年には『バッドボーイズ フォー・ライフ』のスクリーンライター、クリス・ブレムナーが脚本の執筆のために招集されていた。2008年には、『ナショナル・トレジャー』3作目はアトランティスを探索するゲイツの家族に焦点を当てた作品になると噂されていた。
Disney+についてよく知りたい人は、IGNの記事「Disney+の会員数が2年足らずで1億人を突破」、「Disney+でも今夏に『ブラック・ウィドウ』を公開」の記事を読んでみよう。

【広告】

新会社でも作れる

法人ETCカードは

しかもスピード発行




コメントは受け付けていません。