和牛とゆりやん、映画「モンハン」イベントで肉を焼く(お笑いナタリー)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:お笑いナタリー

ハリウッド映画「モンスターハンター」の公開直前イベントが昨日3月23日に都内で開催され、和牛、ゆりやんレトリィバァがゲスト出演した。

【画像】ゆりやんレトリィバァと和牛。(他5件)

今週3月26日(金)に全国公開されるこの作品は、人気ゲームシリーズ「モンスターハンター」が実写映画化されたもので、監督はポール・W・S・アンダーソン、主演はミラ・ジョヴォヴィッチ。「モンハン」ゲーム内では“肉焼きシーン”がミニゲームの1つとして親しまれており、そのシーンはこの映画にも登場している。和牛とゆりやんはイベントで“肉焼きシーン”を再現することになった。

約10kgの牛肉の塊が用意されると、和牛・川西は数あるモンハン好き芸人の中から自分たちがこのイベントに出演した理由に「そういうことかー!」と納得した様子。しかし川西が「この肉は和牛なんですよね?」と尋ねると、肉焼きのプロである日本バーベキュー協会の下城民夫会長からは「残念ながらオージービーフです」との返答があり、会場中が笑いに包まれる。肉を焼き始めた和牛・水田が、「モンハン」に登場するモンスターの調理方法を「臭みが強いと思うので香味野菜と一緒に」と料理人として語った場面では、川西が「すごく前向きに調理するのね」とフォロー。最後には彼らから“肉焼きシーン”でおなじみのセリフ「上手に焼けました~!」が飛び出した。

キャストの山崎紘菜が本編で着用している受付嬢の衣装を身にまとったゆりやんは、一足先に鑑賞したこの映画について「終始アトラクションの中にいるような迫力があって、寿司を握らないで手に汗握りました!(笑)」と感想を語る。水田が「ずっと目が離せなくて……面白すぎてネットに上げちゃいました(笑)」などとボケると、川西は「違法や!」とすかさず指摘。川西は「始まってすぐから(迫力がすごくて)、ずっと力が入ってしまい、途中で少し休ませてくれるけど、観終わったら肩が凝ると思うから観終わってからマッサージとセットでいったほうがいい」と述べた。

(c) Constantin Film Verleih GmbH

【広告】

奇跡の出会いから生まれた

【出雲抹茶専門店 桃翠園】





コメントは受け付けていません。