邦題は「ザ・スーサイド・スクワッド “極”悪党、集結」 ジェームズ・ガン最新作、今夏公開(映画.com)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:映画.com

DCコミックスの悪役たちが戦う姿を描き、世界興行収入7億4685万ドル(約806億円)を記録したアクション作品「スーサイド・スクワッド」(16)をジェームズ・ガンの監督、脚本で新たに再構築した最新作「THE SUICIDE SQUAD」が、「ザ・スーサイド・スクワッド “極”悪党、集結」の邦題で今夏公開されることが決定。場面写真がお披露目された。

 今回のガン監督による新作の主人公は10人以上。関連作の予習復習なく、誰もが“極“悪党たちの活躍を楽しめるストーリーで、アクション、ジョーク満載の超大作として誕生する。ガン監督は「ワーナーブラザースは創造的に素晴らしい。一度も少しも(作品に対して)邪魔するような事がなかった」とツイートし、既に全米ではR指定になると明かしている。本作のプロデューサーであるピーター・サフランは「ジェームズ・ガン監督独自のキャラクターとユーモア満載の、まさにユニークな作品」と説明しており、本作のためにビーチやジャングルまで創り出したという壮大な世界観にも期待が高まる。

 公開された場面写真は、1枚目は、政府によって集められた“極”悪党=ザ・スーサイド・スクワッドのメンバーが、乗り物で一緒に移動している様子を捉えたもの。2枚目は左から、ポルカドットマン 役のデビッド・ダストマルチャン、ピースメーカー役のジョン・シナ、ブラッドスポート役のイドリス・エルバ、ラットキャッチャー役のダニエラ・メルキオールが前方を見上げて立ち尽くしており、見てはいけない何かを、見てしまった様子がうかがえる。アクの強いメンバーたちがどのように自殺級のミッションに挑むのかに注目だ。

 キャストは、続投となるマーゴット・ロビー(「ハーレイ・クインの華麗なる覚醒」)、ジョエル・キナマン(「スーサイド・スクワッド」)、ジェイ・コートニー(「ダイバージェント」シリーズ)、ビオラ・デイビス(「スーサイド・スクワッド」)に加え、「マイティ・ソー」シリーズ、「アベンジャーズ インフィニティ・ウォー」出演、ゴールデングローブ賞受賞経験もあるイドリス・エルバ、さらに「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」シリーズ」のマイケル・ルーカー、ジョン・シナ(「バンブルビー」)、デビッド・ダストマルチャン(「ダークナイト」「アントマン&ワスプ」)、ダニエラ・メルキオールらが個性的なキャラクターを演じる。そして、70歳を超えてもなお、鍛え上げた肉体を武器にスクリーンで大暴れし続けるシルベスター・スタローンが参戦。レジェンド俳優がインパクトと重厚感を作品にもたらすだろう。

 また、六本木ヒルズ・東京シティビューにてDCとして日本初の特別総合展「DC展 スーパーヒーローの誕生」の開催 (6月25日~)も決定している。映画は2021年夏全国公開。

【広告】

体臭・口臭にお困りの方!   

多数のメディアで話題の消臭サプリ

                                   もう気にならない!!

 



コメントは受け付けていません。