高橋文哉、プライム帯の連ドラ初出演 TBS新ドラマ『着飾る恋』に出演(オリコン)

出典元:オリコン

女優の川口春奈が主演、俳優の横浜流星が共演するTBS系新ドラマ『着飾る恋には理由があって』(4月スタート 毎週火曜 後10:00)。追加キャストとして俳優・高橋文哉の出演が23日、決定した。

【写真】“低音女子”茅野七海役の山下美月

 同ドラマは、綺麗に着飾ることで自分の居場所を得ていたヒロインが、価値観の違う人々とひとつ屋根の下で暮らしながら、恋をしたり、友情を深める中で、鎧を脱ぎ捨て、自分らしく生きる姿を描く“うちキュン”ラブストーリー。

 『仮面ライダーゼロワン』で仮面ライダーゼロワン/飛電或人を演じた高橋が、今作でプライム帯の連続ドラマ初出演を飾る。主人公の“着飾る女”真柴くるみ(川口)が勤務する「el Arco Iris」広報課の新入社員・秋葉亮を演じ、乃木坂46・山下美月が演じる“低音女子”茅野七海に恋をする役どころだ。

 また、ドラマ本編の初回放送終了後には、動画配信サービス「Paravi」にて、山下主演の配信オリジナルストーリー『着飾らない恋には理由があって』が独占配信され、“うちキュン”のウラで密かに加熱するオフィスラブを描く。

高橋文哉
「新入社員の秋葉亮という役は、部署でも一番年下で、僕は三兄弟の末っ子なので演じていて自分と重なる部分があると感じています。“令和の新人”と呼ばれているので、先輩社員の方々との演技では距離感などを意識して演じています。ルームシェアメンバーのラブストーリー、オフィスを舞台にしたラブストーリーと、いろいろな楽しみ方が出来る作品ですので、さまざまな『キュン』をお届けして、幅広い世代の方々に楽しんでいただければと思います」

【広告】

快適なネットショッピングを体験しよう!!

<

コメントは受け付けていません。